研修プログラム 獨協医科大学 越谷病院 循環器内科

ホーム  >  研修プログラム
  • 研修プログラム
  • 募集要項
循環器内科マップ

獨協医科大学越谷病院には様々な科、施設等がございます。
ここでは循環器内科へスムーズにご来院いただくためのご案内をしております。

詳しくはこちら
獨協医科大学越谷病院 循環器内科 TEL:048-965-1111

研修プログラム

当科の研修の特徴

大学病院でありながら、交通アクセスの良い当院の立地条件から、比較的軽症な患者から重度で専門的知識を要する患者まで、幅広い層の患者が来院します。そのため一般病院と大学病院のメリットを兼ね備えた研修を積むことが可能です。
当医局も大学病院として研究や臨床面での数多くの先進的な成果を上げる一方で、女性医局員や背景の異なる個々の医局員の要望に応じた自由度の高い研修を行っているのが特徴です。

勉強会

3~4年次

研修3~4年次
  • 指導医のもと、病棟患者の主治医、新患外来の担当を通じ、幅の広い循環器疾患の診断・治療における知識の習得を目指します。
  • 緊急対応(気管内挿管、直流除細動、心膜穿刺、胸腔穿刺等)を始め、中心静脈カテーテルや透析用カテーテルの留置、さらに気管切開術等の基本手技の習得を目指します。
  • 近隣病院での内科外来を担当し、循環器疾患だけでなく一般内科医として幅広い分野での経験と知識を学ぶことができます。
  • 日本循環器学会を始めとした国内、国外の各学会での参加や発表を通じて、最新医療に関する知識の習熟や、プレゼンテーションのスキルを学びます。
  • 内科認定医の取得が可能となります。

虚血分野

  • 年間一人あたり150-200症例の心臓カテーテル検査を経験し、動脈穿刺から冠動脈造影までを一人で行えるよう技術を学びます。
  • 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)において、病変に応じたデバイスの選択や治療戦略が行えるよう知識と経験を身につけ、ワイヤー操作、バルーン拡張、ステント留置等の手技を経験します。

不整脈分野

  • 血管穿刺から心内波形の解析、マッピング技術や焼灼手技などカテーテルアブレーションに必要な一連の知識と手技の習得を目指します。
  • 恒久式ペースメーカ、ICD、CRT-P、CRT-D等の植込み式デバイスの植込み手術手技を習得し、術後管理に必要なペースメーカ動作や設定の基本知識を学びます。

心エコー分野

  • 経胸壁エコーを施行し、心機能の基礎評価を1人で行えるよう技術を習得します。
  • 弁膜症や先天性心疾患の手術適応を始め、虚血性心疾患や各心筋疾患、および心不全の病態把握など、個々の病態に応じた心機能評価を行い、治療方針が決定できるように、技術を学びます。
  • 経食道エコーに対する理解と技術の習得を目指します。

5~7年目

研修5~7年目
  • 希望があれば提携病院や当院救急医療科(ICU)への出向ができ、最大で2年間の学外研修が可能です。
  • 1年目、2年目ローテーション研修医の指導医となり、ともに病棟患者の診療を担当します。また当科の外来を担当します。
  • 虚血分野、不整脈分野、心エコー分野に関する手技や知識の習得をさらに行います。希望する分野があれば、その分野に関し集中的により専門的技術の習得ができるように担当していただきます。
  • 学会への参加や発表をさらに行い、学位取得に向けた研究分野を決定していきます。

8年目以降

研修8年目以降
  • 1、2年目ローテーション研修医や、3年目当科レジデントの指導医となり、病棟、外来を担当します。
  • 学会発表や各々の分野での研究を進め、学位取得を目指します。希望があれば海外研修をサポートします。
  • 循環器専門医の習得を始め、超音波専門医インターベンション認定・専門医といった個々の専門医資格の取得が可能です。
募集要項はこちら
ページの先頭に戻る