本文へスキップ
ホーム 主任教授挨拶 外来担当医、特殊外来について プライバシー
ポリシー
イメージ写真1

パッチテスト~自宅で判定される方へ②

シール除去後の観察ポイント
■シール除去後、30分以上経ってから判定して下さい。
■シールどおりに番号をふって皮膚の様子を観察し、やさしく撫でて、ぶつぶつや盛り上がりを確認して下さい。
ポイント
①赤くなっていないか?(赤くない/少し赤い/かなり赤い)
②ぶつぶつがあるか?(ある/ない)
③(ぶつぶつがある場合)大きさ、数は?→判断しにくい時は絵で示してください。
④全体的に盛り上がりがあるか?(ある/ない)
⑤水ぶくれはあるか?(ある/ない)
⑥色の黒い部分はあるか?(ある/ない)
記入例(検体10種の場合)
①少し赤い
②リング状に赤くなっている

④小さいぶつぶつ6ケ→

⑥少し赤い。やや盛り上がっている

⑧ぶつぶつ3ケ→

注意点
■変化のない場所については何も書かなくて良いです。
■あてはまるもの、その他気づいた点があれば紙などに書いて来院時に持参して下さい。
■72時間(3日)後、1週間後の判定に来院できない場合も同様に判定を行って下さい。