本文へスキップ
ホーム 主任教授挨拶 外来担当医、特殊外来について プライバシー
ポリシー
イメージ写真1

パッチテストを受ける患者さんへ

パッチテストについて(遅延型アレルギーの検査)
パッチテストは接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、薬剤アレルギーなどの疾患で皮膚表面に原因と考えられる物質を貼付することにより、患者さんがその物質に対してアレルギー反応を起こすかどうか(アレルギー体質)を調べる方法です。アレルギー反応を起こす物質を体内に直接入れるのではなく、表面皮膚に貼付する方法なので、アレルギー反応を起こしても、症状に気づけば比較的早く取り除くことができ、安全性の高い検査方法と考えられています。一般にアレルギー反応は48時間後が最も強くなるため、検査物質を48時間(2日間)貼付することが必要です。従って、この間は貼付部位をお風呂に浸けることは出来ませんし、激しい運動などで絆創膏がはげたりすると判定ができなくなります。また、48時間後に検査物質を取り除いた後も、反応がどのように変化していくのかが判断の材料にもなるため、72時間後(貼付3日後)も観察が必要です。さらに、物質によっては遅れて反応を示すものもあり、貼付7日後の判定が必要な場合もあります。

貼付する日 必須
判定(48時間後) 必須
判定(72時間後) 必須
判定(7日後) 適宜
パッチテストの有効性
パッチテストは前述のように安全性の高い検査方法です。また、陽性と判定された場合はその信頼性も高いとされています。しかしながら、薬剤アレルギーの検査では偽陰性(本当はアレルギーがあるが、この検査では陰性と判定される)となることもしばしばあります。また、判定が難しい場合、特に刺激性の高い物質(石鹸など)では単なる刺激反応でも陽性を示すことがあります。これらを知った上で、安全であること、陽性の場合の信頼性が高いこと(薬剤アレルギーの場合)などの理由でパッチテストは施行されます。
パッチテストの有害反応とは
パッチテストの副作用としては、反応が強く出過ぎた時に、貼付部位に強い炎症反応を生じる、その場所が傷(潰瘍)になる、炎症後、色素沈着を生じる、などが挙げられます。これらができるだけ生じないように、貼付する物質(薬)の濃度や希釈する物質など、既に多くの情報があり工夫がなされていますが、反応の仕方は個人差が強いため、あらかじめ予測、予防することは出来ません。また、検査する物質を貼付するための絆創膏にかぶれる場合もあります。
痒みや痛みが強すぎる場合
48時間を待たずにはがして自宅での判定方法に従って記録して下さい。

→自宅での判定方法はこちら