本文へスキップ

業績RESEARCH ACHIEVEMENTS

業績のご案内

【論文】

1) 鈴木伸志,佐野邦明,齋藤光弘:2種の母集団薬物動態パラメータを用いたテイコプラニン血清中トラフ濃度の予測性. 医療薬学: 33巻・87107182007

2) 佐野邦明,鈴木伸志,齋藤光弘:異なるバンコマイシンパラメータ間における血中濃度予測の検討. 医療薬学: 34巻・11122008

3) 飯草正実,鳥山満,永野栄子,矢澤淳子,永田梓実,柴崎光衛,春木宏介: 感染防止対策室の活動について −ICMTとしての役割−. 埼臨技会誌 57(2): 92-98 2010.

4) 飯草正実,小林義正,岡村彰子,栗原佳代子,鈴木伸志,永野栄子,春木宏介: 手指培養を用いた手指衛生への介入. 日本環境感染学会誌: 271号(2012

【学会・研究会・研修会発表】

1) 佐野邦明,鈴木伸志,齋藤光弘: MRSA用薬剤初期投与設計ソフトの開発. 日本病院薬剤師会関東ブロック第37回学術大会栃木20078

2) 鈴木伸志,佐野邦明,齋藤光弘: テイコプラニン初期負荷投与法の検討. 18回日本医療薬学会年会北海道20089

3) 佐野邦明,鈴木伸志,齋藤光弘: MRSA用薬剤初期投与設計ソフトの作成. 18回日本医療薬学会年会北海道20089

4) 佐野邦明,鈴木伸志,齋藤光弘:抗MRSA用薬剤血中濃度解析ソフトの作成. 19回日本医療薬学会年会長崎200910

5) 飯草正実,鳥山満,永野栄子,矢澤淳子,永田梓実,柴崎光衛,春木宏介: 感染防止対策室の活動について -ICMTとしての役割-. 39回埼玉医学検査学会, さいたま市, 2009-12-20.

6) 飯草正実,藤原寛樹,鳥山満,永野栄子,矢澤淳子,永田梓実,春木宏介: QFT検査を用いた結核接触者健診の評価. 21回日本臨床微生物学会総会, 文京区, 2010-1-31.

7) 鈴木伸志: MRSATDMの基礎. 平成21年度第3回埼玉県病院薬剤師会地域研修部会東ブロック研修会, 越谷市, 2010-3-25.

8) 小林義正: 確かな感染予防. 埼玉県看護協会 他職種研修 介護教室, 鴻巣市, 2010-6-12.

9) 飯草正実,齋藤政仁,今関隆雄,鳥山満,永野栄子,矢澤淳子,永田梓実,柴崎光衛,菊池賢,春木宏介: 感染性腹部大動脈瘤の1. 57回日本臨床検査医学会学術集会, 新宿区, 2010-9-10.

10) 佐野邦明,鈴木伸志,松本富夫: 腎機能に応じたテイコプラニンの初期負荷投与設計. 20回日本医療薬学会年会, 千葉市, 2010-11-14.

11) 岡村彰子: 当院のICT活動. 15回埼玉感染症研究会, さいたま市, 2010-12-4.

12) 春木宏介: 寄生虫感染症update. 21回日本臨床微生物学会, 文京区, 2010-1-30.

13) 永田梓実,菊池賢,鳥山満,永野栄子,矢澤淳子,飯草正実,春木宏介: Nmeningitidisが検出された急性尿道炎の1. 21回日本臨床微生物学会, 文京区, 2010-1-30.

14) 小堀善友,岡田弘,春木宏介,永田梓実,菊池賢,石井泰憲: 髄膜炎菌による急性尿道炎の3. 日本性感染症学会誌 21(1): 107-109 2010.

15) 春木宏介: 特別教程:遠征・野外活動医学コース 渡航医学. JSMM認定山岳医講習会, 渋谷区, 2010-9-12.

16) 春木宏介: Travellers diarrhoes(渡航者下痢症とは,予防と対処,薬剤の使用について). アルパインツアー,ヒマラヤ観光開発,ウエックトレック講習会, 港区, 2010-9-13.

17) 中島あつ子,矢澤淳子,藤代政浩,柴崎光衛,春木宏介: プロカルシトニン測定試薬の性能評価および有用性. 42回日本臨床自動化学会, 神戸市, 2010-10-8.

18) 岡本洋幸,春木宏介,筑田眞: インドネシアの医療. 8回アジア・太平洋渡航医学会/14回日本渡航医学会, 奈良市, 2010-10-20.

19) Haruki K Miura T Maruyama H Kimura M: Reviewing Activities of our research group that introduces unlicensed medicines for tropical and parasitic diseases. 8回アジア・太平洋渡航医学会/14回日本渡航医学会, 奈良市, 2010-10-21.

20) 小俣論子,鎌田泰至,矢澤淳子,中島あつ子,藤代政浩,柴崎光衛,春木宏介: 2法のプロカルシトニン定量試薬の比較検討および敗血症の1症例. 47回関東甲信地区医学検査学会, さいたま市, 2010-11-28.

21) 佐野邦明,鈴木伸志,松本富夫: 腎機能に応じたテイコプラニンの初期負荷投与設計. 20回日本医療薬学会年会千葉201011

22) 春木宏介: 獨協医科大学越谷病院におけるICTの活動と現状. 7回救命耐性菌感染症研究会, 千代田区, 2010-12-1.

23) 党雅子,貫田宗男,叶一乃 ,春木宏介: 旅行者下痢症に関するアンケート調査. 38回獨協医学会, 壬生町, 2010-12-4.

24) 飯草正実,小林義正,岡村彰子,栗原佳代子,鈴木伸志,永野栄子,春木宏介: 手指培養を用いた手指衛生への介入. 26回日本環境感染学会総会, 横浜市, 2011-2-18.

25) 小林義正: 確かな感染予防. 埼玉県看護協会 他職種研修 介護教室, 鴻巣市, 2011-7-16.

26) 佐野邦明,鈴木伸志,松本富夫: バンコマイシンの簡便な投与量計算式の確立. 21回日本医療薬学会年会兵庫201110

27) 島村明花,上笹貫俊郎,鳥山満,永野栄子,飯草正実,矢澤淳子,党雅子,池上敬一,菊池賢,春木宏介:白糖分解性を有したVibrio vulnificusの一例 60回日本感染症学会東日本地方会学術集会,山形,201110

28) 永野栄子,岩楯兼尚,鳥山満,飯草正実,矢澤淳子,島村明花,党雅子,菊池賢,春木宏介:インドネシアから帰国後検出された多剤耐性Acinetobacter baumannii:第23回日本臨床微生物学会総会,横浜市,20121

29) 小林義正,飯草正実,岡村彰子,栗原佳代子,鈴木伸志,永野栄子,多田則子,春木宏介: ICT環境チェックリストを用いたラウンドへの取り組み. 27回日本環境感染学会福岡20122

30)日谷明裕:ヒト免疫不全ウイルス感染症「医療従事者の暴露後予防」.埼玉県加須保健所 医療安全研修会,埼玉,2012713

31)飯草正実:手指衛生介入とMRSA疫学解析.埼玉県加須保健所 医療安全研修会,埼玉,2012713

32)小林義正:ICT活動.埼玉県加須保健所 医療安全研修会,埼玉,2012713

33)鈴木伸志:感染対策における薬剤師の役割.埼玉県加須保健所 医療安全研修会,埼玉,2012713

34) 小林義正: 確かな感染予防. 埼玉県看護協会 他職種研修 介護教室, 鴻巣市, 2012-7-14

35)飯草正実:ICT.第41回埼玉県医学検査学会 ランチョンセミナー2,埼玉,20121216

36)飯草正実:院内感染対策の取組み 院内感染対策における検査技師の役割.埼玉県生涯教育セミナー,埼玉,2013425

37) 小林義正: 確かな感染予防. 埼玉県看護協会 他職種研修 介護教室, 鴻巣市, 2013-7-13.

38) 小林義正: 確かな感染予防. 埼玉県看護協会 他職種研修 介護教室, 鴻巣市, 2010-8-10.

39)飯草正実:院内感染対策における検査技師の役割.一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 関甲信支部指定講習会【感染症】,埼玉,20131123

【公開講座】

1) 春木宏介: 獨協医大越谷病院における感染症対策. 感染講演会, 壬生町, 2010-1-14.

2) 春木宏介: 獨協医大越谷病院における感染症対策. 感染講演会, 壬生町, 2010-4-8.

3) 春木宏介: 獨協医大越谷病院における感染症対策. テルモ川越支店MR研修会, 川越, 2010-7-29.

4) 春木宏介: 感染症の重症度と治療について. 春日部市医師会内科医会講習会, 春日部, 2010-11-18.

5) Haruki K: lnfection Control in Developing Countries 1. 独立行政法人 国際協力機構, 新宿, 2010-11-22.

【新聞記事・書評等】

1) 春木宏介: 〜今年の流行に備えた効果的な予防法とは〜インフルエンザに対する心構えと予防行動. DRP DRP Information for Pure Life 2010-9.



Dokkyo Medical University Koshigaya Hospital獨協医科大学越谷病院 感染制御部

〒343-8555
埼玉県越谷市南越谷2-1-50
TEL 048-965-1111(代表)