ごあいさつ

野埼美和子教授  獨協医科大学越谷病院は、埼玉県東部医療圏において地域中核病院の役割を担い、同時に医科大学としての教育と研究に力を入れています。

 放射線診療では、放射線科専門医による各種画像診断、インターベンショナルラジオロジー(IVR)、放射線治療など、幅広い領域において高い診療技術を提供し、診療放射線技師を中心とした医療チームがその技術を支えています。教育面では、多様な社会医療ニーズ対応できる高度な専門性を有する医療者の育成に力を入れています。具体的には、日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会の専門認定医制度に基づいた放射線科専門医の育成、日本放射線技術学会・日本放射線技師会の専門技師認定制度に基づいた各種専門技師の資格取得を推進しています。研究面では、忙しい日常診療業務のために十分な時間を割く事ができないのが実情ですが、業務終了後から協力して課題研究に取り組み、成果を内外の学会に発表していき自己の研鑽と相互教育に努めています。

 私たち放射線部は、患者さまの立場に立って高度な医療を安全に提供できるよう、常に自己研鑽し、相互に高め合い、放射線科医師、診療放射線技師、看護師、事務職の多職種が連携し一丸となって チーム医療を実践してまいります。

伊澤康幸技師長  獨協医科大学越谷病院放射線部はエックス線を利用する一般撮影、CT検査、 血管造影検査や血管内治療、磁気を利用するMRI検査、アイソトープを利用する核医学検査、高エネルギーエックス線を使用する放射線治療を行っています。

 われわれ診療放射線技師は、放射線科医師、放射線部看護師、放射線部事務員の方々と連携し病院運営方針である「患者さま中心」の医療を実践するために医療被ばく低減施設認定を平成23年に取得し、さらなる医療被ばく低減をすすめていきます。 学会や研修会にも積極的に参加し専門的な知識と技術を高めるよう研鑽するとともに各種資格認定取得にも挑戦し地域医療に貢献できるよう努めます。

▲ページトップに戻る