血管造影検査について

 カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、その先端を目的の血管まで進めて造影剤という薬剤を注入しながらX線撮影をし、診断や治療を行う検査です。カテーテルを通じて血管内へ造影剤を注入することで選択的に血管や臓器を観察することができ、診断に有効な血流情報を得ることができます。主に血管性病変や腫瘍性病変に対しての診断や、塞栓療法、動注療法のような血管内治療(IVR)も行います。



▲ページトップに戻る