CT検査について

 CT装置の大きな輪の中に身体を入れて、X線とコンピューターを使い、体の色々な断面を画像にする検査です。レントゲン写真と違い、身体の内部の構造などが詳しくわかり様々な病巣を発見することができます。また、診断をわかりやすくする造影剤という薬剤を使用する検査としない検査があります。造影剤を使用すると身体の様々な部位の臓器や血管の状態、心臓の動きを観察することが出来ます。さらに画像処理を行うことによって立体画像を作成することが可能です。



▲ページトップに戻る