骨密度測定検査について

 骨密度(単位体積あたりの骨の量)は20代から30代にかけてピークになり、加齢に伴い減少していきます。その減少は男性よりも女性の方が多く、骨粗しょう症になりやすいと言われています。その理由として、閉経によるホルモン分泌の変化(エストロゲンという骨を作る働きがあるホルモンが閉経により減少することで骨量が低下)があげられます。この骨密度を2種類のエネルギーのX線の透過度の差を利用した方法(DEXA法)により腰椎または大腿骨などを測定します。また、全身の体成分(水分、脂肪、脂)も測定できます、


▲ページトップに戻る