乳房検査について

 乳房はやわらかい組織でできており、普通のX線撮影装置では写りにくいために専用のX線装置を使用します。この乳房X線撮影装置で乳房の撮影をすることをマンモグラフィと呼びます。
 マンモグラフィでは乳房全体をくまなく撮影するために左右の乳房を片方づつ撮影していきます。平らな台の上に乳房をのせ、その上からプラスチックの板で挟んで(圧迫して)撮影します。乳房を上下から圧迫する撮影と、左右から圧迫する撮影の2種類行います。
 圧迫をすると痛みを感じる患者様もいらっしゃいますが、圧迫することでよりきれいな画像となり乳房内の異常を発見しやすくするために行います。マンモグラフィでは触診で発見することに難しい小さな病変(腫瘤や石灰化)を発見することができます。また、今回撮影した写真と以前のものを比較することにより乳房組織の微妙な変化を観察することができます。
 何か、ご自身で気になる症状がありましたら、撮影の参考になることもありますので撮影担当技師にお伝え下さい。


▲ページトップに戻る