透視造影検査について

 X線撮影だけではわかりにくい臓器の位置や形態、機能、病変の有無などを評価したい場合に、造影剤を用いてX線透視下で観察、および撮影を行います。
 バリウムなどを用いた胃や大腸といった消化管を造影する検査や血管(又は目的部位に直接)から造影剤を注入し検査部位の情報を得る検査です。
 バリウムと発泡剤を飲んで検査をする上部消化管、おしりからバリウムと空気入れて検査をする下部消化管、点滴で造影剤を注入し腎臓や膀胱などを観察する泌尿器科系。関節やくも膜下腔という所に造影剤を注入し脊髄の状態を見る整形外科系など様々な検査があります。

   

▲ページトップに戻る