単純X線撮影について

 一般的にレントゲン撮影とよばれる検査です。X線を身体にあてて透過したX線の量から身体の中の情報を知る検査です。今までは、透過したX線をフィルムで写真にしていましたが、当院ではCR・FPDという最新機器を利用して画像化し、その画像を、モニター上で観察し、診断をします。

 主に、胸部や腹部、骨の撮影が行われます。


 

▲ページトップに戻る