獨協医科大学越谷病院附属 腎・予防医学センター
交通アクセス各種お問い合せ獨協医科大学越谷病院
HOMEセンターについて人間ドック人工透析渡航外来
センターについて
HOME › センターについて

 獨協医科大学越谷病院附属腎・予防医学センターは獨協医科大学病院創立40周年にあたり、越谷病院の記念事業の一環として人間ドックとトラベルクリニックを兼ねた「予防医学」と、地元越谷市からの要望の強かった「外来透析」の両面を担当する地元の健康づくりに役立つ施設を目指し、平成24年10月1日、越谷駅東口に隣接する再開発地域の「越谷ツインシティ」Aシティの4階フロアに敷地面積、約1400㎡(425坪)の広さで開院致しました。獨協医科大学越谷病院が開院以降25年間お世話になった地元越谷市にお住まいの皆様をはじめ、近隣地域の皆様の健康増進、地域の活性化を目指し、「あなたの笑顔が家族の笑顔につながります」をセンターのキャッチフレーズといたしました。これは、疾病の予防ならびに早期発見が、ご自身やご家族の健康維持および早期治療につながり、心身ともに快適で笑顔のあふれる街づくりのお手伝いをしたいという気持ちから生まれたものです。さらにセンター内の内装や照明は、ゆったりと過ごしていただける空間を意識し、検査をお待ちになる時間もストレスにならないような工夫に心掛けました。

 まず当センターへのアクセスですが、東武スカイツリーライン(旧東武伊勢崎線)越谷駅を下車して、東口から徒歩1分の越谷駅前再開発地区「越谷ツインシティ」のAシティ4階にあり、ご利用には東武電車が一番便利で、駅前のアーケードをくぐると雨にも濡れずにお越しいただけます。お車でお越しの際は、専用の駐車場はご用意しておりませんので、当センタービルに隣接したBシティにあります越谷市の有料駐車場のご利用をお願いしております。

 ここで、当センターの施設の概略をご説明致します。
実際、埼玉県南東部には、いわゆる「人間ドック」の施設が少なく、地元の住民の皆様や獨協医科大学越谷病院をご利用の皆様に「獨協で人間ドックが出来れば」というご要望を多数お寄せいただいておりました。そこで我々は「周囲の声」を重視し検討を重ね、記念事業の一環として「人間ドック」を中心とした「予防医学」の設立の運びとなりました。
まず、「予防医学」の部門は、「人間ドック」と「渡航外来」を実施する施設で、「快適な空間でゆったり過ごしていただく」ことを目的に、居心地のよさを重視した内装と致しました。正面ドアから受付、さらにフロア全体を通して、お客様が迷うことなく、検査をお受けになられるように「コンシェルジュ」を配置致しました。また、女性のお客様に安心して健診を受けていただくために、女性医師を常勤医に招くとともに検査技師や放射線科技師にも女性スタッフを多く採用致しました。検査機器や医療設備には、最新の機器を導入しております。健康で安心したロングライフを送っていただけるように、基本検査として医師診察、血液、尿、便、喀痰、身体測定、眼科系検査、耳鼻科系検査、心電図、肺機能検査、胸部X線検査、上部消化管造影検査、腹部超音波検査を行い、オプション検査として各種癌の腫瘍マーカー、甲状腺、ヘリコバクタ・ピロリをチェックする血液検査、骨密度や動脈硬化のチェック、MRIによる脳実質、脳血管のチェック、細径内視鏡を用いた経鼻的胃内視鏡検査、また、乳癌検診には特に力を注ぎ、県内初導入の乳房超音波装置や最新のマンモグラフイーを用いた検査を行っております。

 「渡航外来」につきましては、平成25年8月15日より稼働しております。「渡航外来」を専門的に行っている医療機関は関東地区でもほとんどなく、埼玉県内を始め、将来的には関東北東部の中軸として広く利用される施設を目指しております。海外旅行や海外出張など海外に出かける際や帰国後のワクチン接種、体調管理、証明書の発行等を行う予定になっております。

 次に、「外来透析」の部門ですが、かねてより多くの市民の皆様からご要望が寄せられていた外来人工透析が、ついに実現できることになりました。埼玉県内だけでも1万6000人を超える人工透析の患者様に対して、種々のご負担を考慮すると、ご自宅から近い距離の施設の存在はかかせません。獨協医科大学越谷病院の腎臓内科が全面的にバックアップし、緊急時の対応や増悪時の入院治療などを可能にし、患者様に安心して透析を受けていただく体制づくりを整えました。室内は暖かな色調で落ち着いた雰囲気の治療環境の提供を第一に、現在20床ある病床もベッド10床、透析チェア10 床と生活環境やライフスタイルに合わせたものとなっております。最終的には40床での外来透析が可能になります。

 獨協医科大学越谷病院としての初めてのサテライトクリニックとういこともあり、徐々に規模を拡大し、地元の皆様のニーズに応えていきたいと思っております。何かお気づきの点がございましたら、ご連絡いただき、改善できる点はすぐに対処したいと考えておりますので、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


獨協医科大学越谷病院附属腎•予防医学センター
センター長 多賀谷 信美

このページのTOPへ