獨協医科大学埼玉医療センター附属 越谷クリニック
交通アクセス各種お問い合せ獨協医科大学埼玉医療センター
HOME越谷クリニックについて人間ドック人工透析渡航外来
渡航外来
HOME › 渡航外来 › 診療内容

診療内容

※渡航前と渡航後で受診施設が異なりますのでご注意ください。

熱帯地域よりの帰国者で発熱がありマラリアの疑いのある方、狂犬病のリスクのある動物咬傷を受けた方は獨協医科大学埼玉医療センター消化器内科・渡航後外来にて診療させて頂きますので、東武スカイツリーライン・越谷駅近くの獨協医科大学埼玉医療センター附属 越谷クリニック渡航外来(トラベルクリニック)ではなく、東武スカイツリーライン・新越谷駅近くの獨協医科大学埼玉医療センターを受診してください。また予防接種時の副反応を極力減らすために、当クリニック渡航外来(トラベルクリニック)でワクチン接種を受けた方で副反応の心配がある場合に限り夜間・休日を問わず24時間体制で対応させて頂きます(この場合の診療も東武新越谷駅近くの獨協医科大学埼玉医療センターとなります)

 

1.渡航前

獨協医科大学埼玉医療センター附属 越谷クリニック 渡航外来(トラベルクリニック) 

最寄り駅:東武スカイツリーライン・越谷駅 徒歩1分

旅行前の疾患予防

予防接種の種類
A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、破傷風、狂犬病、不活化ポリオワクチン、腸チフス、髄膜炎、ダニ脳炎・・・海外旅行に左記ワクチンがおすすめです。
麻疹、風疹、インフルエンザ、肺炎球菌

マラリアの予防内服(メフロキン)(アドバコン・プログアニル塩酸塩)

*メファキン®を旅行2週前より週に1錠、旅行中は週に一回決まった曜日に1錠、旅行後は4週間週に一回決まった曜日に1錠内服します。

下記に該当する方は副作用の心配から処方できない場合があります。
  高血圧・不整脈・心疾患・うつ病・神経症の方、一親等内に精神神経系疾患がある方、ロッククライミング・航空機操縦・ツーリングなど緻  密な空間的な作業を行う方
*メフロキンのスタンバイ治療も場合によっては処方します。
*マラロン®を旅行前1~2日より毎日1錠、帰国後は7日間毎日1錠内服します。

海外留学前の健康診断
(胸部レントゲン撮影、心電図、採血、オプションで麻疹・風疹・流行性耳下腺炎・HIV抗体)

相談となります。

海外留学前の健康診断書、予防接種の証明書の発行

相談となります。

海外留学前の診断書の記載は記入に時間がかるため当日対応は困難です。来院されてから7日以降に手渡しとなりますので十分に余裕をもって受診してください。予防接種証明書は当日に発行させていただきます。
健康診断書は日本語、英語、ドイツ語、ポルトガル語で記載が可能です。

 

2.渡航後

獨協医科大学埼玉医療センター 消化器内科・渡航後外来

最寄り駅:東武スカイツリーライン・新越谷駅 JR武蔵野線・南越谷駅 徒歩5分

渡航後の疾患の診断と治療

渡航後の発熱、下痢、皮疹(肌荒れ)のある方を対象とします。

寄生虫が疑われる場合

便から寄生虫が出てきた、家族の方に寄生虫がみつかり「うつらないか心配だ」というような方を対象とします。

狂犬病流行地域で動物咬傷にあった場合

狂犬病流行地域で狂犬病を保有している可能性のある動物に咬まれたり、傷口をなめられた方を対象とします。

STD(性感染症)が心配な方

当院で診断と治療を行います。必要に応じて、診断確定後に他院を紹介させていただく場合もあります。

このページのTOPへ