医局員業績

2018年 業績

田中 康広

【症例報告】
1.Takeda T,Omura K,Kajiwara R,Tanaka Y,Wada K:A new approach using “transseptal access with crossingmultiple incision” method for tumors occupying the nasal cavity: a case of intraosseous haemangioma.J Clin Case Rep(Online).doi:10.4172/2165-7920.10001156.,2018.
2. Hirabayashi M,Omura K,Otori N,Tanaka Y:Recurrent meningitis caused by idiopathic cerebrospinal fluid rhinorrhea from the sphenoid sinus.BMJ Case Rep (Online)doi:10.1136/
bcr-2017-222296.,2018.
3.Suzuki Y,Omura K,Tanaka Y:Endonasal marsupialization of congenital intranasal nasolacrimal duct cyst.BMJ Case Rep (Online) doi: 10.1136/bcr-2018-228284.,2019.
4.Sekine R,Omura K,Isida K,Tanaka Y:Recurrent Pott’s puffy tumor treated with anterior skull base resection with reconstruction of anterolateral thigh flap.J Craniofac Surg. 30(1):94-96, doi: 10.1097/SCS. 0000000000005100, 2019.
5. 栃木康佑,蓮 琢也,穐吉亮平,大村和弘, 田中康広: 慢性腎不全患者に発症した悪性外耳道炎患者
2例. 日耳鼻感染症エアロゾル会誌.7(2):96-100,2019
【総説】
1. 田中康広:『患者家族への説明ガイド』鼓膜形成術を行う前に. 耳鼻咽喉・頭頸部外科 90(5):70-71, 2018.
2. 田中康広:『患者家族への説明ガイド』鼓室形成術を行う前に. 耳鼻咽喉・頭頸部外科 90(5):
72-73, 2018.
3. 田中康広:好酸球性中耳炎と好酸球性多発血管炎性肉芽腫症. 耳鼻咽喉科免疫アレルギー 36(4):
271-274, 2018.
【原著】
1. Sugimoto N,Nakayama T,Kasai Y,Asaka D,Mitsuyoshi R,Tsurumoto T,Takaishi S,Omae S, Kojima H,Tanaka Y Haruna S:The role of ADAM-like decysin 1 in non-eosinophilic chronic rhinosinusitis with nasal polyps.Acta Otolaryngol.138(9):830-836.2018.
2. Nakayama T,Sugimoto N,Okada N,Tsurumoto T,Mitsuyoshi R,Takaishi S,Asaka D,Kojima H,Yoshikawa M,Tanaka Y,Haruna S:JESREC score and mucosal eosinophilia can predict endotypes of chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Auris Nasus Larynx
DOI:10.1016/j.anl.2018.09.004. 2018.
3. Omura K,Nomura K,Aoki S,Tochigi K,Miyashita K,Tanaka Y, Otori N, Kojima H:Effect of superior lateral anterior pedicle flap for Draf procedures. J Craniofac Surg. doi:10.1097/SCS.0000000000005407.2019.
4. Omura K,Nomura K,Aoki S,Katori Y,Otori N,Tanaka Y :Direct approach to the anterior and lateral part of the maxillary sinus with an endoscope. Auris Nasus Larynx.
doi: 10.1016/j.anl.2019.03.006.2019.
【学会・研究会発表】
1. Tanaka Y:Clinical advantages of over-underlay tympanoplasty for tympanic membrane perforation.East Asia Symposium on Otology.Seoul, 2018.5.25-26.
2.田中康広:獨協医科大学埼玉医療センター耳鼻咽喉科の現状と今後の展望. 第7回埼玉県南部地区耳鼻科懇話会.さいたま市,2018.6.28.
3. 田中康広:手術手技 耳小骨連鎖再建術. 第34回慈恵医大耳の手術研修会.東京都2018.7.27-29.
4. 田中康広:〜平成31年度の申請に向けて〜 審査員の視点から見た科研費作成のポイント.科学研究費助成事業説明会.宇都宮市,2018.9.19.
5. 田中康広:慢性穿孔性中耳炎に対するinlay butterfly cartilage tympanoplasty. 第28回日本耳科学会総会・学術講演会.大阪市,2018.10.4.
6. 田中康広:診断・治療に苦慮する中耳疾患とその対応-好酸球性中耳炎およびANCA関連性血管炎性中耳炎を中心に-.宮城県耳鼻咽喉科医会講習会.仙台市,2019.1.30.
【学術書】
1. 耳鼻咽喉・頭頸部手術アトラス 第2版.森山寛監修:Cartilage tympanoplasty.54-59.医学書院.
東京.2018
2. 耳鼻咽喉・頭頸部手術アトラス 第2版.森山寛監修:鼓膜形成術 (アンダーレイ法).105-109.
医学書院.東京.2018
3.今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版.森山寛監修:耳性髄液漏.212-213.医学書院.東京.2018
【研究報告】
1. 文部科学省 科学研究費補助金基盤研究 (C)実績報告書
課題名:温度応答性培養皿を利用した真珠腫上皮シートの作成と真珠腫の病態解明
2. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究 (C)研究成果報告書
課題名:温度応答性培養皿を利用した真珠腫上皮シートの作成と真珠腫の病態解明


穐吉 亮平

【原著】
1. Akiyoshi R,Wake H,Kato D,Horiuchi H,Ono R,Ikegami A,Haruwaka K,Omori T,Tachibana Y, Moorhouse AJ, Nabekura J:Microglia enhance synapse activity to promote local network synchronization. eNeuro 11 October (Online) DOI:https://doi.org/10.1523/ENEURO.0088-18.2018
【学位論文】
Microglial direct contacts with synapses enhance synaptic activities in awake mice.
eNeuro 11 October (Online).2018
【学会・研究会発表】
1. 穐吉亮平,加我君孝: 皮質聾3症例の責任病巣の脳画像による同定の試み.第119回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 横浜, 2018.5.31-6.2.
2.穐吉亮平,栃木康佑,井原伽奈子,蓮琢也,田中康広:非典型的な形態異常を示した内耳奇形の1症例
.第28回日本耳科学会総会・学術講演会.大阪,2018.10.3-6
3.穐吉亮平,進藤美津子,加我君孝:聴覚失認症例と皮質聾症例の損傷部位における差異の検討.第63回 日本聴覚医学会総会・ 学術講演会.神戸,2018.10.18-19
4.穐吉亮平,進藤美津子,加我君孝:聴力の経年変化を伴った聴覚失認 3症例の検討.第221回日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会学術講演会.2018.11.24
5.Akiyoshi R,Shindo M,Kaga K:Complete or partial loss of hearing in humans caused by lesions of bilateral auditory cortex or auditory radiations.42nd Annual MidWinter Meeting, Association for Research in Otolaryngology. Baltimore Maryland USA,2019.2.9-13
6.穐吉亮平,進藤美津子,加我君孝:中枢性聴覚障害症例(皮質聾3症例と聴覚失認5症例)による病態の差異の検討.第222回日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会 学術講演会.東京,2019.3.23


西嶌 嘉容

【学会・研究会発表】
1.西嶌嘉容,細川 悠,青木 聡,宮下恵祐,穴澤卯太郎,大村和弘,田中康広:鼻出血を契機に発見された鼻腔原発絨毛癌・奇形腫腫瘍の一例.第129回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.
6.3
【研究報告】
1. 獨協医科大学研究助成金
課題名:耳鳴発症の原因解明-大脳皮質におけるグリア細胞の聴覚情報の修飾-


穴澤 卯太郎

【学会・研究会発表】
1. 穴澤卯太郎,大村和弘,宮下恵祐,細川 悠,青木 聡,田中康広:上顎部分切除術に口蓋粘骨膜弁挙上を併用した鼻腔原発悪性腫瘍の2例.第119回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.横浜,2018.5.31-6.2
2.穴澤卯太郎,大村和弘,濱 孝憲, 宮下恵祐,田中康広,小島博己,鴻 信義:鼻副鼻腔腫瘍に対する経鼻内視鏡下切除術一塊摘出のためのアプローチ方法の検討.第119回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.横浜,2018.5.31-6.2


海邊 昭子

【学会・研究会発表】
1. 海邊昭子,細川 悠,田中康広: めまい・平衡医学に対する初期研修医意識調査. 第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会. 山口市, 2018.11.29-30.


井上 由佳理

【学会・研究会発表】
1.井上由佳理:上顎部分切除術に口蓋粘骨膜弁挙上を併用した鼻腔原発悪性黒色腫の一例.第129回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.6.3
2.井上由佳理:上顎部分切除術に口蓋粘骨膜弁挙上を併用した鼻腔原発悪性黒色腫の一例.第57回日本鼻科学会総会・学術講演会.旭川市,2018.9.27-29
3.井上由佳理:Tracheal Resection and Reconstruction Procedures in Patients with Papillary Thyroid Carcinoma Exhibiting Transluminal Invasion Tracheal Sleeve Resection with End-to-End Anastomosis or Window Resection with Tracheostomy?. 3rd Congress of Asia-
Pacific Society of Thyroid Surgery.Taiwan,2018.12.7-9


井原 伽奈子

【学会・研究会発表】
1. 井原伽奈子:小児鼻性眼窩内合併症8例の検討. 第6回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会.金沢市, 2018.9.7-8.
2.井原伽奈子:当科における小児鼻性眼窩内合併症8例の検討.第130回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.10.14


栃木 康佑

【症例報告】
1. 栃木康佑,蓮 琢也,穐吉亮平,大村和弘,田中康広:慢性腎不全患者に発症した悪性外耳道炎患者 2例. 日耳鼻感染症エアロゾル会誌.7(2):96-100,2019
【学会・研究会発表】
1. 栃木康佑,大村和弘,田中康広:半夏瀉心湯が鼻腔粘膜の生理的機能に与える影響l. 第129回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.6.3.
2. 栃木康佑,宮下恵祐,井原伽奈子,田中康広:当院で経験した悪性外耳道炎の2例. 第6回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 .金沢市, 2018.9.7-8.
3. 栃木康佑,蓮 琢也,田中康広:慢性扁桃摘出後患者における食事摂取状況の検討. 第130回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.10.14
4. 栃木康佑,大村和弘,細川 悠,春名眞一,田中康広:当院で診断された鼻副鼻腔悪性リンパ腫症例の検討. 第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会学術講演会.大阪市,2019.2.7-9.
【学術賞】
1. 栃木康佑:半夏瀉心湯が鼻副鼻腔粘膜の生理的機能に与える影響. 第129回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.6.3.
2. 栃木康佑:口蓋扁桃摘出術後における食事摂取状況の検討. 第130回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2018.10.14.


宮下 恵祐

【学会・研究会発表】
1. 宮下恵祐:内視鏡下鼻内手術および抗真菌薬で加療したムコール症の2例. 第6回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 .金沢市, 2018.9.7-8.
2. 宮下恵祐:当院で経験した浸潤性副鼻腔真菌症の4例. 第57回日本鼻科学会総会・学術講演会.旭川市,2018.9.27-29.


青木 聡

【学会・研究会発表】
1. 青木 聡:術後性上顎嚢胞に対する内視鏡下鼻内手術ー有茎粘骨膜フラップの有用性ー.第57回日本鼻科学会総会・学術講演会.旭川市,2018.9.27-29.


鈴木 優美

【症例報告】
1. Suzuki Y,Omura K,Tanaka Y :Endonasal marsupialization of congenital intranasal nasolacrimal duct cyst.BMJ Case Rep (Online) doi: 10.1136/bcr-2018-228284.,2019.
【学会・研究会発表】
1. 鈴木優美:尾毛下切開から内視鏡補助下に上直筋生検を施行した特発性眼窩筋炎の一例.第57回日本鼻科学会総会・学術講演会.旭川市,2018.9.27-29.