医局員業績

2017年 業績

田中 康広

【症例報告】
1.Tada T, Hitani A, Honda NH, Haruna S, Yoshimura T, Haruki K, Tanaka Y:A case of falciparum malaria: Acute hearing loss as the initial symptom. J Infect Chemother.23(1):56-58,2017.
2. Umibe A, Omura K, Hachisu T, Anazawa U, Tanaka Y:Life-threatening injury caused by complete impalement of toothbrush in children.Dent traumatol.33(4):317-320,2017.
3. Hachisu T, Omura K, Otori, N, Tanaka Y:Male with watery rhinorrhea and disturbed consciousness after trauma.BMJ Case Rep.2017.
4.Hirabayashi M, Omura K, Otori N, Tanaka Y:Recurrent meningitis caused by idiopathic cerebrospinal fluid rhinorrhea from the sphenoid sinus.BMJ Case Rep.2017.
5. Anazawa U, Omura K, Tanaka Y:Elderly Woman with Headache and Lagophthalmos with Visual Loss.JOJ Ophthalmology.5(5):2017.
6. 蓮 琢也, 田中 康広: Gradenigo症候群の一症例.Otol Jpn. 27(5):699-705,2017
【総説】
1. 田中康広:“手術に必要な画像診断” 3.鼓室形成術 2)中耳真珠腫.JOHNS 33(6):690-694, 2017.
【原著】
1. 田中康広, 大村和弘, 蓮 琢也, 海邊昭子, 深美 悟, 春名眞一:再発性真珠腫に対する術式選択と術後成績.Otol Jpn.27(2):90-96.2017.
2. 田中康広, 大村和弘, 蓮 琢也, 海邊昭子, 深美 悟, 春名眞一:鼓膜穿孔に対するover-underlay法の有用性.Otol Jpn.27(3):173-178.2017.
3. Omura K, Nomura K, Aoki S, Katori Y, Tanaka Y, Otori N:Lacrimal sac exposure and a superior lateral anterior pedicle flap for improved outcomes after Draf type II and III procedures.Int Forum Allergy Rhinol. Article DOI: 10.1002/alr.22122. Internal Article ID: 15172185.2018.
4. Nakayama T, Okada N, Yoshikawa M, Asaka D, Kuboki A, Kojima H, Tanaka Y, Haruna S:Assessment of suitable reference genes for RT–qPCR studies in chronic rhinosinusitis.Sci Rep.8(1).2018.
【学会・研究会発表】
1. 田中康広:慢性中耳炎術後に発症し、自然脱落したepithelial pearlの一例.第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.広島市,2017.5.19.
2.田中康広:小児真珠腫における術後再発の検討.第12回小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.宇都宮市,2017.6.2.
3. Tanaka Y:A case of complete impalement penetrating the neck by a toothbrush.IFOS Paris 2017.Paris,2017.6.24-28.
4. 田中康広:診断および治療に苦慮する中耳疾患への対応.第27回北陸耳鼻科感染症研究会.金沢市2017.4.22.
5. 田中康広:診断および治療に苦慮する中耳疾患への対応.第2回阿倍野耳鼻科臨床講習会.大阪市2017.5.13.
6. 田中康広:耳小骨再建.第34回慈恵医大耳の手術研修会.東京都,2017.7.27.
7. 田中康広:鼓室形成術.Temporal bone seminar. 川崎市,2017.8.25.
8. 田中康広:〜平成30年度の申請に向けて〜 審査員の視点から見た科研費作成のポイント. 科学研究費助成事業説明会.宇都宮市,2017.9.19.
9. 田中康広:中耳手術の変遷と今後の展開 –真珠腫性中耳炎を中心として.第47回南大阪耳鼻咽喉科研究会.大阪市,2017.11.18.
10. 田中康広:慢性穿孔性中耳炎に対するover-underlay法の改良点.第27回日本耳科学会総会・学術講演会. 横浜市,2017.11.23.
【研究報告】
1. 文部科学省 科学研究費補助金基盤研究 (C)
課題名:温度応答性培養皿を利用し た真珠腫上皮シートの作成 と真珠腫の病態解明

蓮 琢也

【原著】
1. Hachisu T: Male with watery rhinorrhea and disturbed consciousness after trauma. BMJ case Report 2017. doi:10. 1136/bcr-2017-222288
2. 蓮 琢也: 保存的加療にて治癒が得られたGradenigo症候群の1例.Otology Japan.27(5): 699-705,2017.
【学会・研究会発表】
1. 蓮 琢也: 多職種連携気道管理シミュレーションコースの開発とその評価.第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 広島市,2017.5.19.



穐吉 亮平

【学会・研究会発表】
1. 穐吉 亮平, 加我 君孝: 皮質聾3症例の責任病巣の脳画像による同定の試み.第218回日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会学術講演会. 東京, 2018.3.10.
【研究報告】
1. 獨協医科大学研究助成金
課題名:聴覚系をモデルとした環境による感覚情報処理機構の発達制御


穴澤 卯太郎

【症例報告】
1. Anazawa U,Omura K,Tanaka Y:Elderly Woman with Headache and Lagophthalmos with Visual Loss.JOJ Ophthalmology.5(5):2017.


海邊 昭子

【学会・研究会発表】
1. 海邊 昭子, 細川 悠, 田中康広: めまいを主訴に救急外来を受診した中枢性めまいの臨床的検討. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 広島市, 2017.5.19.
2. 海邊 昭子, 細川 悠, 田中康広: めまいを主訴に救急外来を受診した中枢性めまいの臨床的検討. 第76回めまい平衡医学会総会・学術講演会. 軽井沢町, 2017.11.30-12.1.

細川 悠

【原著】
1. Hosokawa Y,Kuboki A,Mori A,Kanaya H,Nakayama T,Haruna S:Yellow Nail Syndrome With Dramatic Improvement of Nail Manifestations After Endoscopic Sinus Surgery. Clin Med Insights Ear Nose Throat, 2017.
【学会・研究会発表】
1. 細川 悠, 大村和弘, 武富弘敬, 永井美耶子, 田中康広: 副鼻腔乳頭腫に対する手術手技の検討. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 広島市, 2017.5.19.
2. 細川 悠, 田中康広, 栃木康介, 宮下恵祐, 大村和弘, 片桐一元: 好酸球性多発血管遠征肉芽腫症治療経過中に舌咽神経麻痺、反回神経麻痺を呈した1例. 第48回日本職業環境アレルギー学会総会・学術大会. 福井市, 2017.6.30-7.1.
3. Hsosokawa Y,Ohmura K,Otori N,Tanaka Y: Considering of prognostic factor,paranasal sinus diseases with visual disturbance. Rhinology World Congress.2017. Hong Kong,2017.8.31-9.3.

井原 伽奈子

【学会・研究会発表】
1. 井原 伽奈子: 当院における上気道狭窄に対する気道確保方法の一案. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 広島市, 2017.5.19.


栃木 康佑

【学会・研究会発表】
1. Tochigi K: Education strategy of endoscopic endonasal sinus surgery in our hospital. ENT Conference. Cambodia, 2018.3.21.
2. 栃木 康佑: 耳鼻咽喉科における魅力的な初期研修医への協力・勧誘プログラムの提案. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 広島市, 2017.5.19.
3. 栃木 康佑: 嚥下障害を来たした筋萎縮性側索硬化症患者に対して喉頭全摘術を施行した一例.第127回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会. さいたま市, 2017.10.15.


宮下 恵祐

【学会・研究会発表】
1. 宮下 恵祐: 当院における頭蓋底再建を含む鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する経鼻内視鏡的アプローチの方法の検討. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.広島市, 2017.5.19.
2. 宮下 恵祐: 当院の皮膚保護材による医療機器関連圧迫創傷の予防の取り組み. 第56回日本鼻科学会総会・学術講演会. 甲府市, 2017.9.28-30.
3. 宮下 恵祐: 当院の皮膚保護材による医療機器関連圧迫創傷の予防の取り組み. 第127回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会. さいたま市, 2017.10.15.


青木 聡

【学会・研究会発表】
1. 青木 聡: 術後性上顎嚢胞に対する内視鏡下鼻内手術 -嚢胞位置に合わせた粘膜フラップの有用性-.第56回日本鼻科学会総会・学術講演会.甲府市, 2017.9.28-30.
【学会賞】
1. 青木 聡: 術後性上顎嚢胞に対する内視鏡下鼻内手術 -嚢胞位置に合わせた粘膜フラップの有用-.第127回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市, 2017.10.15.


大村 和弘

【研究報告】
1. 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究 (B)
課題名:鼻粘膜における創傷治癒促進因子の解明及び細胞シートによる新しい治療法の開発
2. 獨協医科大学研究助成金
課題名:ウサギにおける術後鼻中隔粘膜弁の生理的機能に関する調査及び骨露出面再建方法の検討