研究内容


当部門では以下のような項目を中心に臨床および基礎研究を行い、耳鼻咽喉科疾患のさらなる病態解明、治療法の開発を行っております。
領域によっては獨協医科大学基礎医学講座や他大学との共同研究も予定しており、幅広い領域にわたる基礎的研究を盛んに行っております。

1.中耳真珠腫、癒着性中耳炎の成因の解明と保存的治療法の研究

中耳真珠腫や癒着性中耳炎などに対してその成因を究明するため、air-liquid interface methodを利用した三次元培養による鼓膜表皮や温度応答性培養皿を用いた鼓膜の作製を行っています。作製した人工鼓膜に種々のサイトカインやケモカインを反応させたり、物理的な刺激を加えたりすることで実験的に真珠腫や癒着性中耳炎のモデルを構築する試みを行っています。

2.組織再生工学を応用した中耳粘膜再生の研究

真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎などの手術後に鼓室、乳突腔の粘膜が障害され、正常な粘膜が欠損するケースはしばしば起こります。その欠損部を補うために温度応答性培養皿を用いて中耳粘膜のシートを作製し、移植が可能であるか、実験動物を用いて検討を行います。また移植した中耳粘膜シートが個体に生着し、正常な組織と同様な形態を呈するのか光顕および電顕レベルでの観察を行います。

3.鼻腔腫瘍 及び 頭蓋底腫瘍に対する治療法の開発

鼻腔腫瘍の摘出方法に対する新しい術式を世界に発表し、低侵襲かつ効果的な鼻腔腫瘍摘出術を実施しております。内視鏡単独で摘出が困難だと思われる疾患に対しても外切開を併用して積極的に外科的治療を行います。その他鼻中隔粘膜穿孔や難治性前頭洞炎、鼻腔嚢胞疾患に対して新規術式を開発しております。

4.鼻副鼻腔における術後創傷治癒機転に関する研究

繰り返す手術によって粘膜の再生が障害されている疾患に対して、その粘膜上皮欠損部分を補うために、温度応答性培養皿を用いて鼻粘膜シートを作製し移植が可能であるか動物実験を用いて検討を行なっております。
そのほかにも、粘膜創傷治癒を促す新規材料の検討を動物実験モデルを用いて行っております。

5.樹状細胞を用いた頭頸部腫瘍に対する免疫治療の研究

同一患者より採取された腫瘍抗原の特定されていない腫瘍細胞と樹状細胞よりポリエチレングリコールを用い、融合細胞を作製します。この融合細胞は特定されていない腫瘍抗原をTリンパ球に抗原提示することにより、腫瘍特異的な抗腫瘍効果を誘導します。樹状細胞を用いたテーラメイドの免疫治療が実際に行えるよう、in vitroおよびin vivoでの検討を行います。

現在進行している臨床研究一覧

【他施設共同研究】
1. 新規発症の良性発作性頭位めまい症における持続性知覚性姿勢誘発ふらつき(PPPD)発症予測
  因子の解明:前向きコホート研究
2. 慢性副鼻腔炎・中耳炎における病態関連遺伝子の解明
3. 鼻内手術における病変へのアプローチ方法および粘膜フラップの有用性の検討
4. ムンプス難聴症例の全国実態調査

(申請予定)
 他施設共同研究
 次世代シーケンサーを用いた鼻副鼻腔炎症疾患における常在細菌叢の遺伝子解析

【単独臨床研究】
1. Ramsey Hunt症候群に対するファムシクロビルを用いた臨床試験
2. 再発性真珠腫に対する術式選択と治療成績の検討
3. 慢性穿孔性中耳炎に対するover-under法の有用性に関する検討
4. 中耳疾患における術前CTの耳小骨所見と術後成績の検討
5. 鼓室形成術における2-オクチルシアノアクリレートの有用性についての検討
6. 真珠腫組織シートおよび人工鼓膜を用いた真珠腫性中耳炎の発症や進展に関与する因子の検討
7. 皮膚保護材による医療機器関連圧迫創傷の予防
8. 視覚障害をきたした副鼻腔疾患の視器障害予後の検討(終了予定)
9. 耳鼻咽喉科領域における遠隔医療を用いた双方向手術指導についての検討
10. Over-under法における術後epitherial pearlの発症に関する検討
11. 内視鏡下副鼻腔手術いおける出血量減少を目的とした術前麻酔の工夫Supra bulla cellへの局所
  麻酔ガーゼ挿入による術中出血量の差の検討

【文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)】
■田中 康広  
 基盤研究(C)
 期  間  H28年度~H30年度
 助成金額  4,550,000円
 研究課題 「温度応答性培養皿を利用した真珠腫上皮シートの作製と真珠腫の病態解明」

■大村 和弘
 若手研究(B)
 期  間  H28年度~H29年度
 助成金額  2,730,000円
 研究課題 「鼻粘膜における創傷治癒促進因子の解明および細胞シートによる新しい治療法の
       確立」

【獨協医科大学研究助成金・奨励賞】
■大村 和弘
 期  間  H29年5月31日~H30年3月16日
 助成金額  500,000円
 研究課題 「ウサギにおける術後鼻中隔粘膜弁の生理的機能に関する調査及び骨露出面再建方
       法の検討」

■穐吉 亮平
 期  間  H29年5月31日~H30年3月16日
 助成金額  500,000円
 研究課題 「聴覚系をモデルとした環境による感覚情報処理機構の発達制御」