診療案内

外来担当表

 
午前 新患
田中康広
再診
大村和弘
蓮 琢也
海邊昭子
新患
交代制
再診
交代制
徳丸晶子
森 文
新患
大村和弘
再診
田中康広
細川 悠

新患
交代制
再診
交代制
井上庸夫
森 文
新患
穐吉亮平
再診
穴澤卯太郎
井原伽奈子
永井美耶子
新患
交代制
再診
交代制


午後 中耳外来
田中康広

大村和弘
めまい
海邊昭子
一般外来
蓮 琢也
宮下恵祐
青木 聡
      腫瘍外来
穴澤卯太郎
一般外来
細川 悠
栃木康佑
鈴木優美


 

当科では、中耳炎、難聴、耳鳴り、蓄膿症、花粉症、扁桃炎、咽喉頭炎などの一般的な耳鼻咽喉科領域の疾患から、めまいや頭頸部悪性腫瘍などを始めとする専門領域に至るまで、幅広い分野の耳鼻咽喉科疾患に対応しております。また、越谷市周辺を中心に埼玉県東部地域における地域医療に貢献すると共に、大学病院として最先端の機器および技術を取り入れ、質の高い医療を提供しております。


外来診療内容

耳科領域
慢性穿孔性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対して外耳道後壁を保存する鼓室形成術を主として行います。再発のリスクが高い真珠腫性中耳炎に対しては2回に分けて行う段階手術を行い、再発しない術式を選択します。また、可能な限り聴力が回復するよう音の伝わりを作り直す手術(耳小骨形成術)を工夫し、患者さん生活の質が上がるように努めて参ります。

突発性難聴、顔面神経麻痺やメニエール病などの内耳性めまいに関しては、軽症には通院での内服治療を、中等症以上では入院のもと点滴治療を行い、必要に応じて諸検査を施行します。

鼻科領域
軽症の副鼻腔炎に対しては主に内服治療を行いますが、保存的な治療では改善しない副鼻腔炎や重症例、良性の副鼻腔腫瘍症例では、内視鏡を用いた鼻副鼻腔手術を行います。また、症例に応じてナビゲーションを用いたより安全かつ確実な手術を行います。

アレルギー性鼻炎の治療としては体質改善を目的とした減感作治療やレーザーおよび高周波を用いた手術治療も行っております。

口腔・咽頭領域
急性の炎症疾患(咽喉頭炎、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍など)に対し、軽症例には内服治療を、中等症以上には入院のもと点滴治療を行い、患者さんの症状にあわせて最も適切な治療、検査を選択します。

慢性扁桃炎やアデノイド肥大の症例に対しては、必要に応じて摘出、切除術を施行します。小児の患者さんは原則として小児病棟に入院しますので、安心して治療を受けることが出来ます。

睡眠時無呼吸症候群の診断や簡易検査も行っています。症状に応じて当科で対応する場合や、他科あるいは他施設に紹介させていただく場合があります。

頭頸部領域
腫瘍性病変に関しては、顎下腺や耳下腺をはじめとする良性の唾液腺腫瘍から上顎癌、咽頭癌、喉頭癌、甲状腺癌などの悪性腫瘍まで治療を行います。病気の種類や進行度によって手術療法、抗癌剤による化学療法、放射線療法などから最も適した治療法を選択します。

声帯の良性疾患(声帯ポリープ、声帯嚢胞など)には、全身麻酔下にて顕微鏡下に手術を施行します。喉頭付近の腫瘍病変の組織検査は、原則外来で局所麻酔下にて組織検査を行います。