肺癌登録合同委員会 第7次事業
2010年肺癌手術症例の全国登録調査について


 原発性肺癌の悪性度は高く、本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。
 原発性肺癌の治療には、外科治療、抗癌化学療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応や適切な術式の決定が行われる必要があります。
 肺癌登録合同委員会は、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営され、1998年以来これまでに5回の症例登録事業を行い、学会および学術論文として報告し、肺癌治療の成績向上に貢献してきました。また、当事業の症例データベースは世界肺癌学会のデータベースにも供与され、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいはThe Union for International Cancer Control、略してUICC)によるTNM分類の改定にも大いに貢献しています。
 当院は、2010年に越谷病院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺がん登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。
 本研究の目的としましては、2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録により、治療成績を把握することです。さらにその知見をもとに、今後の治療成績の向上に役立てる臨床研究を行い国内外に発信すると同時に、世界の肺癌治療の成績向上へも貢献することでもあります。
 個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。
 ただし、本事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。
 ご協力宜しくお願い致します。

 なお、本事業への参加に関してご質問がある場合は、当科のスタッフにお伝えください。また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

肺癌登録合同委員会ホームページ
https://haigan-touroku.jp/