ホーム > 医局長からのメッセージ

医局長からのメッセージ

獨協医科大学越谷病院腎臓内科 医局長 川本 進也

皆さん、こんにちは。医局長の川本進也です。

当科は、教授以下レジデントを含む8名+学外派遣2名+非常勤講師1名の計11名とこじんまりした科でありますが若さとパワーを秘めております。加えて関連部局(附属透析クリニック)に透析担当医1名+非常勤女性医師2名(ともに3人の子持ち)が従事しています。様々な出身大学者からなり、学閥はありません。

当院は、東京に隣接し、まだ人口増加の続いている埼玉東部地区の腎臓病の砦として患者の集中が続いております。そのため数多くの症例を経験することになり、skillを磨き内科認定医、専門医、腎臓専門医、透析専門医等の資格取得に医局、越谷病院内科系各科を挙げて取り組んでおります。また、アカデミック面でも国内外の研究会・学会への発表も積極的に行っており、学会中の留守番体制を組むのに苦労するほどです。また、数多くの学会出席で学会出張費が嵩むのが嬉しい悩みです。ちなみに個人負担なし、全て研究費から支出しています。

仕事以外では、まだ少人数のため医局旅行は催行できていませんが、歓送迎会、納涼会、忘年会といった季節の移り変わりを感じながら親睦を深める会やゴルフコンペ等も行っています。少し興味を持って頂けましたら、ご連絡下さい。窓口は臨床研修センターですが、直接ご連絡頂いても結構です。お待ちしております。

ページの先頭へ戻る