• 外来棟正面玄関

    ここに腎臓内科外来があります。

  • 朝のカンファレンス風景

    毎朝、すべての患者さんについて検討しています。

  • 腎生検の様子

    緊張感を持って取り組んでいます。通常は一人で行っています。

  • 内シャント設置術の様子

    内科ですが、手術も行います。

  • 透析室風景

    患者さんの透析が始まったところです。

埼玉東部地域において腎臓疾患患者さんの診療・教育・研究をになう中心的な機関として、大きな役割を背負って平成22年12月に誕生しました。今後、地域の医療に貢献するだけではなく、日本の腎臓内科領域の先頭に立って引っ張ってゆけるような存在を目指して一歩一歩歩んでいく所存です。

埼玉県東部地区の末期腎不全患者を日本一少なくする!!

教授からのメッセージ
三位一体の包括的腎代替療法、腎病理に強い当科で腎臓専門医をめざそう。
私たちの教室のモットーは「専門性と統合」であり、腎臓専門医として頂点を極めると同時に一つの分野に偏ることのない総合内科的視野を堅持していきたいと思っています。
新専門医制度に基づく内科専門医コース、subspecialty重 点コース(腎臓内科)を検討されている方、平成27年以前の卒業の方も是非ご覧ください。

皆さん、こんにちは。医局長の川本進也です。

医局長からのメッセージ
当科は、教授以下レジデントを含む8名+学外派遣2名+非常勤講師1名の計11名とこじんまりした科でありますが若さとパワーを秘めております。加えて関連部局(附属透析クリニック)に透析担当医1名+非常勤女性医師2名(ともに3人の子持ち)が従事しています。様々な出身大学者からなり、学閥はありません。

志あるレジデント(後期研修医)を求む!

病棟医長からのメッセージ
“専門馬鹿はつくらない”。これが当科のモットーです。
しっかりとした内科全般の知識を礎に、高度な専門知識・技術を持った腎臓内科医を育成する。たとえどこに行っても通用する医師を育成する。そのために様々な経験を持った指導医が、研修医の皆様とともにさらなる深みを目指すため、入局を待っています。

後期レジデントになって

後期レジデントからのメッセージ
 後期レジデント1年目の日高有司です。ご存知の通り埼玉県は医療過疎地域であり、当院は基幹病院のため多彩な症例が集積しています…。

当科のfacebookです。(最近の医局の様子をupしています。)

研修のお問い合わせ

(病気や診療のお問い合わせはお受けしておりません)

おしらせ

後期研修医からのメッセージをupしました。
当科での研修希望の皆様へのメッセージをupしました。
ホームページをリニューアルしました。

ページの先頭へ戻る