ホーム > 後期研修医からのメッセージ

後期レジデントからのメッセージ

獨協医科大学埼玉医療センター腎臓内科 後期レジデント 日高 有司

後期レジデントになって

後期レジデント1年目の日高有司です。ご存知の通り埼玉県は医療過疎地域であり、当院は基幹病院のため多彩な症例が集積しています。

症例豊富なこともあって、ここでは誰も経験したことのない貴重な症例に出会うことがあります。現在、経験豊富な上級医と二人チームで診療しており、業務前は毎朝必ず教授、医局員全員でカンファレンスを行い、全員の患者さんの治療方針について検討しております。そのおかげで自分の経験したことがない疾患に出会ってもどのようにアプローチしていくかを学べています。医師人生の土台となるこの時期に疾患へアプローチの仕方を身につけることができるのは大きな財産になると確信しております。

入局して早半年が経とうとしておりますが、自己の成長を実感でき、非常に充実した後期研修を送れています。また私も含めて若いドクターが多く、病棟でも治療方針の相談や簡単な業務についても気軽に相談に乗って頂いております。若手として非常に働きやすい環境だと思います。

ページの先頭へ戻る