TOP PAGE SITEMAP

  脳血管内治療について

脳神経外科疾患情報ページもご参照ください


 脳血管内治療について

 体に傷をつけることなく、大腿動脈から細い管(カテーテル)を頭部の病巣まで挿入して、治療します。

 脳の治療を血管のなかから行うという最新の技術ですので、熟練した術者による治療が必要です。兵頭教授は、日本でも有数の治療経験を持ち、他の施設からも多くの治療の依頼を受けています 。

 すべての疾患を治療できる方法ではありませんが、当院では血管内治療が可能な疾患に対しては この治療方法をお勧めしています。

 脳動脈瘤・脳動静脈奇形・動静脈瘻・内頚動脈狭窄症などに適した治療方法です。治療法について、お気軽にお問い合わせください(連絡先)。


 血管内治療に用いる機器


コイル

バルーン

ステント

これらの機器用いて、塞栓術血管形成を行います。

 血管内治療に用いる機器



  チームを組んで治療に取り組んでいます。当院には、最新鋭の血管造影装置が導入されており、高度な治療が可能です。



カテゴリ : 脳卒中(脳血管障害)

脳梗塞 - 脳内出血 - くも膜下出血・未破裂脳動脈瘤
脳動静脈奇形(AVM) - 脳動静脈瘻(AVF) - もやもや病
脳血管造影検査について - 脳血管内治療について

▲ページTOP   疾患と治療法   TOP PAGE