TOP PAGE SITEMAP

  脊髄腫瘍

脳神経外科疾患情報ページもご参照ください


 脊髄腫瘍

 徐々に歩行障害や膀胱直腸障害が進行した場合には、脊髄腫瘍も疑う必要があります。MRIを施行しないと診断がつかないことが多いので、注意が必要です。手術が主たる治療法ですが、腫瘍の種類によっては他の治療と組み合わせることもあります。手術は、後遺症を残す可能性があるので、十分な施設での治療をお勧めします。



カテゴリ : 脊椎・脊髄

頸椎症・腰椎症 - 脊髄腫瘍 - 腰椎すべり症

▲ページTOP   疾患と治療法   TOP PAGE