TOP PAGE SITEMAP

  顔面けいれん

脳神経外科疾患情報ページもご参照ください


 顔面けいれん

 顔面の半分がピクピクとけいれんする疾患です。最近ではまずボツリヌスを注射して治す方法が選択されます。この治療の効果がない時に、手術が選択されます。耳の後ろに5百円玉程度の大きさの骨窓を開けて、顔面神経と血管を剥離することで治療します。95%程度の確率で改善します。入院期間は術後1週間程度です。




カテゴリ : その他

顔面けいれん - 三叉神経痛 - 水頭症 - 頭髪について

▲ページTOP   疾患と治療法   TOP PAGE