医局紹介(獨協医科大学埼玉医療センター 脳神経内科)

臨床について

院長写真
●脳血管障害,神経変性疾患,認知症,神経感染症,免疫性神経疾患,睡眠関連疾患など神経疾患全般にわたり,埼玉県東部医療圏~東京都足立区(獨協越谷医療圏と命名してみました)における診療に取り組んでいきます.越谷市医師会へ協力しもの忘れ連携医療の試みも行っています.
さらに埼玉医療センター付属越谷クリニックでは脳ドックによる先制医療の一翼を担っています.

教育について

●日本神経学会教育施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院,日本睡眠学会学会登録医療機関です.
●日本内科学会内科専門医,日本神経学会神経内科専門医,日本脳卒中学会脳卒中専門医,日本睡眠学会睡眠医療認定医などの資格取得に協力します.
新内科専門医制度(平成31年度)「脳神経内科Subspecialty重点コース」のプログラムがあります.

研究について

●睡眠医学(sleep medicine)の視点から神経内科疾患にかかわる睡眠関連疾患に関する臨床研究を継続しています.
●パーキンソン病, 脳卒中, 認知症,免疫性神経疾患など新たな研究テーマも取り入れていきます.
●医学博士の学位取得希望者には,論文作成を含めた臨床研究の指導を行っていきます.
●大学院医学研究科(博士課程)内科学系先端内科学(埼玉医療センター)「神経疾患の病態・診断・治療および睡眠医学に関する研究」のテーマを担当します.平成30年度 大学院医学研究科入学試験日程 出願期間 平成30年10月22日~11月2日,試験日 11月24日(土).合格発表 12月26日(水).

【主な研究テーマ】
● 神経治療学に関する臨床研究
● パーキンソン病および認知症性疾患における早期診断・治療と予後
● レム睡眠行動異常症における病態解明(主任教授の研究テーマ)
● 脳卒中における睡眠関連呼吸障害の診断・治療と予後
● 免疫性神経疾患における臨床研究
● 脳ドックにおける認知症, 脳血管障害と睡眠時呼吸障害の早期発見と予防に関する先制医療研究
● 慢性頭痛疾患における重症度と睡眠関連疾患との関連について
● ロボットスーツHALを用いた神経疾患の治療研究

医師

主任教授  宮本智之 
日本内科学会総合内科専門医(指導医),日本神経学会神経内科専門医(指導医),日本脳卒中学会脳卒中専門医,日本頭痛学会頭痛専門医(指導医),日本睡眠学会睡眠医療認定医,日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野)
学内准教授 滝口義晃:埼玉医療センター付属越谷クリニック・神経内科兼務
 
学内准教授 尾上祐行:病棟医長
日本内科学会総合内科専門医(指導医),日本神経学会神経内科専門医(指導医),JMECCディレクター, ICLSディレクタ-
学内准教授 赤岩靖久:医局長
日本内科学会総合内科専門医,日本神経学会神経内科専門医(指導医),日本神経学会脳卒中専門医, ISLS認定コーディネイター,JMECCインストラクター, ICLSインストラクラー
学内講師  小川知宏 : 外来医長
日本内科学会総合内科専門医,日本神経学会神経内科専門医(指導医),日本脳卒中学会脳卒中専門医
学内助教  横田隆子
日本神経学会神経内科専門医(指導医), 日本内科学会内科認定医
学内助教  吉澤健太
 
学内助教  乗峯苑子
日本内科学会内科認定医
レジデント 沼畑恭子
日本内科学会内科認定医
非常勤講師 神谷達司(神谷医院院長・草加市,日本医科大学客員教授、認知症サポート医)
非常勤講師 神谷文雄(川口並木クリニック院長・川口市、認知症サポート医)
非常勤講師 中村真一郎(越谷市立病院神経内科部長・越谷市)
非常勤講師 原 元彦(埼玉医科大学リハビリテーション科・教授)
非常勤講師 山口喜移(やまぐち内科クリニック院長・越谷市、認知症サポート医)