診療内容

脊椎外科、関節外科、足の外科、リウマチ、腫瘍を中心として、整形外科全般の診療を行っています。
脊椎外科は、脊椎変性疾患に対する除圧とインストゥルメンテーションを使用した脊椎固定術などを行っています。また、脊椎側弯症に対しては、
装具療法に加え、積極的に脊椎矯正固定術を行っています。
関節外科では、膝関節や足関節の靱帯再建術や、人工関節置換術、関節鏡視下手術などを行っています。
足の外科では、内反足や外反母趾等の足部変形に対する手術、脚延長術などを行っています。

  1. 1.主に脊椎外科と関節外科に分かれて、それぞれの専門医が診療にあたっています。

  2. 2.側弯症の矯正手術を行う病院は数少ないですが、当科では特発性側弯症のみならず、先天性側弯症や麻痺性側弯症など難易度の高い症例の手術を行っています。

  3. 3.脊椎損傷や腰椎変性疾患を中心に、脊椎インストゥルメンテーションを用いた脊柱再建術を脊柱全範囲を対象とし、年間120例以上行っています。

  4. 4.後縦靱帯骨化症などによる頚髄症に対する頚部脊柱管拡大術の経験も豊富です。

  5. 5.膝十字靱帯再建、足関節靱帯再建では解剖学的、生体力学的研究に基づいた術式とリハビリテーションを施行しています。特に独自の足関節靱帯再建術を開発・臨床応用し、良好な成績を得ています。

  6. 6.本格的な治療ができる施設の少ない先天性内反足の専門的治療や、変形性股・膝関節症に対する人工関節手術は、年間70例以上と経験も豊富です。

 

特色

その他

  1. 箇条書き項目主要機器

  2. サイベックス、関節鏡、マイクロ用顕微鏡、MRI、3D-CT

  3. 箇条書き項目研究

  4. 1.腰椎椎間板ヘルニアの自然消失のメカニズム

  5. 2.関節のバイオメカニクス

  6. 3.コンドロイチナーゼABCの硬膜外注入療法に関する基礎研究

  7. 4.生体活性セラミックの機能評価に関する基礎研究

  8. 5.人工関節における摩耗と腐食

  9. 6.足関節靱帯群の生体力学的研究

整形外科

脊椎外科、関節外科、足の外科、リウマチ、

腫瘍中心として、整形外科全般の診療を行っています。

外来予定(平成24年4月現在)

新患 大関 覚
(紹介のみ・11時まで)
栃木祐樹 阿藤晃久(AM) 佐野和史 鈴木・古川交代制
榎本光宏 片柳順也 東村隆(PM) 垣花昌隆 輪番
高野聖司 佐野・榎本 大山安正
飯田尚裕
峰  研
再来(AM) 大関 覚 大関 覚 根岸崇興 飯田尚裕 菅野吉一
片柳順也 佐野和史 東村隆 栃木裕樹
榎本光宏
大山安正
再来(PM) 大関 覚 大関 覚 阿藤晃久 飯田尚裕 菅野吉一
垣花昌隆 榎本光宏 栃木祐樹 東村隆
片柳順也 佐野和史
杉本一郎
大山安正