自信と誇りをもって地域の小児外科医療に貢献します

獨協医科大学越谷病院は2017年11月、獨協医科大学埼玉医療センターに生まれ変わりました

獨協医科大学埼玉医療センター小児外科は、新生児外科、小児腫瘍外科、小児内視鏡外科、小児泌尿器外科、小児形成外科などの領域に加え、小児の臓器移植外科などの高難度医療にも対応すべく、日々、革新を続けています。

基本理念・方針

方針イメージ
  • 日本の小児外科は、数多くの小児外科医の努力の結果、たくさんのこどもたちの命を救うことができるようになりました。現在、小児外科医は救命のみならず、治療後にこどもの成長や心身の発達、発育が損なわれないように治療するすることがとても大切と考えています。
  • 獨協医科大学埼玉医療センター小児外科ではこのような小児外科医療の進歩に対応し、難治な病気に対しても積極的に高度な先進医療を取り入れ、治療成績の改善に努めています。加えて、こどもにとって痛み(傷み)の少ない優しい治療を実践し、上手に治療することを信条としています。
  • 多くの子どもたちが喜び、希望を抱き、夢をかなえられるよう大きく成長してくれることを願っています。そのために私たちはきめこまやかな医療を続けていきたいと考えています。