ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
臍帯ヘルニアと腹壁破裂はあかちゃんの腹壁の形成異常です。

臍帯ヘルニアは4,000出生に1例、腹壁破裂は6,000から10,000出生に1例の頻度といわれています。また近年、腹壁破裂の頻度が増加しているといわれています。

腹壁異常にいたる機序についてはいくつかの説がありますが、その原因は不明です。
いずれも遺伝性の疾患とは考えられていませんが、ごく稀に家族性にみられたとの報告があります。
また、臍帯ヘルニアでは10%から40%に染色体の異常をともなうことがあります。

出生前に診断された場合には産科・小児科・小児外科・麻酔科などのチームにより綿密な治療計画を立て、母体とあかちゃんの治療を行います。
臍帯ヘルニア

臍帯ヘルニアではタイプ(型)、ヘルニアの大きさ、ヘルニアの内容、合併する疾患(病気)などにより治療方法を選択し、治療を行います

内部に腸管や肝が脱出した大きな臍帯ヘルニア

臍帯ヘルニアを人工膜でつつみ脱出した臓器を徐々に腹腔内にもどす

腹壁破裂

多くは臍帯(臍の緒)の右側の腹壁の欠損孔から腸管などが脱出しているもので、出生直後の緊急手術により臓器を腹腔内に戻します。

超音波検査による腹壁破裂の出生前診断
Last Update 2013/10/16