ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
先天性の頚部疾患には正中頚のう胞(のうほう)(甲状舌管のう胞)、側頚瘻(ろう)または側頚のう胞、梨状窩瘻、頚部副耳などがあります。
 
正中頚のう胞(甲状舌管のう胞)


胎生期に甲状腺は舌根部に発生し、気管の前面まで下降します。この甲状腺の下降にともない、甲状舌管という管が舌の奥の舌盲孔から甲状腺に伸びます。

甲状舌管は胎生期に消失しますが、消失しないで残ると粘液を入れた袋(のう胞)をつくる原因となります。

のう胞は頚の真中(正中)にできるのが特徴です。しばしば感染をともない、赤く腫れたり、自然に破れて粘液の流出をみることがあります。

正中頚のう胞:頚の真中のしこりとして触知する


皮様のう胞や異所性甲状腺なども同様の部位に腫瘤として症状を呈することがあるため、超音波検査による確認が必要です。

治療は感染による炎症がある場合には抗生物質による治療を行い、炎症が治まった後に舌骨を含めた摘出術(シストランク法)を行います。

時に再発することがあるので注意が必要です。

側頚瘻または側頚のう胞


頚部の筋肉(胸鎖乳突筋)の前縁に沿ってできる瘻孔やのう胞で、胎生期の鰓裂(さいれつ)と呼ばれる器官の遺残が原因です。

第1鰓裂由来のものは下顎骨下縁から外耳道にいたる瘻孔を、また第2鰓裂由来のものは胸鎖乳突筋の下1/3と扁桃窩を結ぶ瘻孔を形成します。

多くは無症状でも感染をおこすと発赤、痛み、腫れなどの症状を呈します。


側頚瘻または側頚のう胞の発生部位
梨状窩瘻


下咽頭の梨状窩から甲状腺に連なる先天性の瘻孔で、多くは左側に発生します。

全身の発熱と甲状腺に一致した部位の発赤、腫れ、痛み、熱感などの症状を呈します。(利状窩瘻が原因であると解明されるまでは急性化膿性甲状腺炎と呼ばれていました)


甲状腺に一致した部位の腫れ、痛み、発赤などで発症する
抗生物質による治療で炎症をコントロールした後、造影検査や内視鏡検査により梨状窩瘻を確認します。

造影検査で確認された梨状窩瘻
同上

感染・炎症を繰り返すため瘻孔の摘出術が必要です。
Last Update 2013/10/16