ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
内視鏡検査や内視鏡を用いた治療は成人では日常的に用いられる検査法または治療法の一つです。こどもは体が小さいため、細い内視鏡を用いますが、事故を防ぐためにも十分な経験と技術が必要です。
通常、全身麻酔や鎮静が必要となります。
獨協医科大学越谷病院小児外科における小児内視鏡の実績を公開します。
(1)施行件数:(  )は治療的内視鏡の件数を示します。

上部消化管
(食道・胃・
十二指腸)
逆行性膵
胆管造影
下部消化管
(大腸)
腹腔鏡 胸腔鏡 気管支鏡
2000年   12(1)   1   5   2(2)   0   0
2001年   17(2)   1   13   34(32)  2(2)   1
2002年   19(4)   3   14(1)   33(30)  0   5(1)
2003年   15(3)   2   17(3)   46(44)   3(3)   5(2)
2004年   16(5)   1(1)   15   43(42)   6(6)   0
2005年   18(2)   3   18(3)   50(42)   2(1)   7
2006年   31(8)   0   13(3)   60(60)   1(1)   16
2007年   38(9)   2   14   70(65)   5(5)   16(1)
2008年   41(10)   1   24(1)   76(73)   3(3)   8(2)
2009年  29(6)  0  23(3)  69  1  3(0)
  236(50)   14(1)   156(14)   483()  23(21)   61(12)
(2)合併症の頻度:

上部消化管
(食道・胃・
十二指腸)
逆行性膵
胆管造影
下部消化管
(大腸)
腹腔鏡 胸腔鏡 気管支鏡
2000年   0   0   0   0   0   0
2001年   0   0   0   3*   0   0
2002年   0   0   0   0   0   0
2003年   0   0   0   0   0   0
2004年   0   0   0   0   0   0
2005年   0   0   0   0   0   0
2006年   0   0   0   0   0   0
2007年   0   0   0   0   0   0
2008年   0   0   0   0   0   0
2009年  0  0  0  0  0  0
  0   0   0   3   0   0

*については「創(きず)あとの小さい手術・鏡視下手術と安全」をご覧ください。
Last Update 2013/10/16