ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
小腸閉鎖症はあかちゃん(新生児)の腸閉塞の原因となる代表的な疾患で、出生後におなかの張り(腹満)や胆汁を含んだ黄色の嘔吐(胆汁性嘔吐)で発症します。

出生前の超音波検査で腸管の拡張像が描出され、発見されることもあります。



出生前の超音波検査で胎児腸管の拡張像が描出されている
離断型の小腸閉鎖症

胎内でおきた腸の捻転や腸重積、その他の原因により腸の血行が障害され、小腸閉鎖症が発生すると考えられています。

小腸は空腸(口側)と回腸(肛門側)に分けられますが、空腸の閉鎖を
空腸閉鎖症、回腸の閉鎖を回腸閉鎖症と呼びます。
 
治療は手術により閉鎖部位を確認し、小腸と小腸をつなげる吻合術を行います。

小腸閉鎖症の吻合術

多数の閉鎖がみられる多発閉鎖や腸の長さの極端に短い短腸症候群をのぞいて、 一般に手術後の経過は良好です。
胎生期に小腸閉鎖や腸の捻転、腸重積、内ヘルニアなどが原因になり腸穿孔を起こし、便(胎便)があかちゃんのお腹にもれると腹膜炎をおこします。
これを
胎便性腹膜炎といい、通常、妊娠4カ月から5カ月以降におこると考えられています。


妊娠中、羊水過多をともなうことがあり、また出生前の超音波検査であかちゃんの腹水、腹部の石灰化像、腸管の拡張像などにより診断されることがあります。


胎便性腹膜炎の出生前超音波検査

腹水を認める(矢印)

出生後の腹部X線

石灰化(2本の矢印)を認める

胎便性腹膜炎は胎便がもれた時期や腹膜炎の程度により症状や病気の重症度が様々です。

腸の穿孔部が閉じて自然に治る場合もありますが、腸閉鎖や腹膜炎のために出生直後に緊急手術が必要となることもあります。

胎便性腹膜炎の重症度や手術の必要性などは出生後のあかちゃんの様子を慎重に観察した上で判断されます。

したがって、妊娠中の超音波検査により胎便性腹膜炎が疑われた場合には産科での厳重な管理と超音波検査による経過観察を行い、分娩前後の集中治療の体制を整えた上で出産の準備を行うことが望まれます。

Last Update2013/10/16