ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
肝芽腫はこどもの肝臓に発生する小児がんの一つで、8割が3歳以下の乳幼児に発生します。
また、生まれたときの体重が2,500g未満のこどもを低出生体重児といいます。
特に1,500g未満の場合を極低出生体重児、1,000g未満の場合を超低出生体重児といいます。
近年、低出生体重児に肝芽腫が発生しやすいという事実が発見され、注目を集めています。

超低出生体重児に発生した肝芽腫
1997年、池田(現、獨協医科大学越谷病院小児外科)らは1990年以降、極低出生体重児に発生する肝芽腫が増加している事実を発見し報告しました。

その後の検討で、次のような事実が判明しています。

    ・ 超低出生体重児では約40倍、肝芽腫を発生しやすい。
    ・ 低出生体重児の肝芽腫は進行例が多い。
    ・ 新生児期・乳児期の酸素投与と肝芽腫の発生に関連がある(因果関係は不明)。

現在、この現象は米国やドイツなど未熟児新生児医療の先進国に共通の現象であることが確認されています。

低出生体重と肝芽腫の関連は小児がんの教科書に重要な事実として記載されている

Pizzo & Poplack著「Pediatric Oncology、第4版」(2002年)

低出生体重児に肝芽腫が発生しやすい理由は現在のところ不明です。
低出生体重児の未熟性や新生児・乳児期の環境要因が関与していると考えられ、小児がんを専門とする研究者により遺伝子レベルの研究が行われています。

現時点では、残念ながら肝芽腫の発生を予防することはできません。
出生体重1,500g未満のお子さん、特に出生体重1,000g未満のお子さんは肝芽腫を早期に発見するため、専門医を定期的に受診することが重要です。



獨協医科大学越谷病院小児外科では5歳ごろまで3カ月に一度 の腹部超音波検査と血中アルファ-フェトプロテインのスクリーニング検査を受けられるようお勧めしています。

毎週木曜のELBW外来でスクリーニング検査を行っています。



参考文献:
1 Ikeda H, Matsuyama S, Tanimura M. Association between hepatoblastoma and very low birth weight: a trend or a chance ? J Pediatr 130:557-560,1997.
2 Ikeda H, Hachitanda Y, Tanimura M, Maruyama K, Koizumi T, Tsuchida Y. Development of unfavorable hepatoblastoma in children of very low birth weight: Results of a surgical and pathologic review. Cancer 82:1789-1796,1998.
3 Tanimura M, Matsui I, Abe J, Ikeda H, Kobayashi N, Ohira M, Yokoyama M, Kaneko M. Increased risk of hepatoblastoma among immature children with a lower birth weight. Cancer Res 58:3032-3035,1998.
4 Ikeda H, Maruyama K, Koizumi T, Tsuchida Y, Tanimura M. A reply to the letter “Prematurity and hepatoblastoma: More than just an association?” J Pediatr 133:586,1998.
5 Maruyama K, Ikeda H, Koizumi T, Tsuchida Y. Prenatal and postnatal histories of very low birth weight infants who developed hepatoblastoma. Paediatr Int 41:82-89,1999.
6 Maruyama K, Ikeda H, Koizumi T, Tsuchida Y, Tanimura M, Nishida H, Takahashi N, Fujimura M,Tokunaga Y. Case-control study of perinatal factors and hepatoblastoma in children with an extremely low birth weight. Paediatr Int 42:492-498,2000.
7 Ikeda H, Hirato J, Suzuki N, Kuroiwa M, Maruyama K, Tsuchida Y. Detection of hepatic oxidative DNA damage in patients with hepatoblastoma and children with non-neoplastic disease. Med Pediatr Oncol 37:505-510,2001.
Last Update 2013/10/16