ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 

1、多指(趾)症

指が2本以上ある状態を言います。日本人では手の異常の中で最も多いと言われています
治療は手術を行いますが、特に母指は手の指の中でものを掴む、つまむという重要な機能を持つため単純に多い部分を取るだけではなく十分な状態の把握が必要となるため専門施設で手術を受けられることが重要です。

足は第5趾の多合趾症が最も多く見られます。治療は手術で、x線写真で骨の状態を確認し、切除する側を決定します。歩行前に行う方がよいと考えられています。

 
 
 

2、合指(趾)症

指と指が分かれていない状態で、治療は手術で皮膚の癒合した部分をわけ、皮膚の不足した部分に植皮(他の場所から皮膚を取ってきて植える方法)を行います。皮膚は体の部位によって厚さが違うため、できるだけ同じ性質の皮膚から取ります。手からは見える場所である為、足、特に内果と呼ばれるうちくるぶしの部分から取ることが重要で、おなかから取ると将来毛が生えたり色素沈着を生じます。特に中指との合指の場合中指が他の指につられて曲がってしまうことがあり、早めの手術を勧めています。
足に関しては第1、2趾の間の合趾はビーチサンダルや下駄がはけないため歩行前の手術を勧めます。


 
 

 
  3、絞扼輪症候群

体内で何らかの原因で羊膜がくっついたり絡んでしまうことで、炎症がおこり指が癒合したり、切断された状態で生まれる場合を言います。指がまだ血の巡りがある場合は生まれてすぐ緊急手術で絞扼している部分を解除することもあります。すでに切断されていた場合も骨を延長したり、癒合している指を分離したりして使いやすい手を作ります。腕や下肢に絞扼輪と呼ばれるバンドがある場合は、z形成術を行い、皮膚の引き連れを改善します。

 
     
 

4、橈側列形成不全
母指が小さいあるいは欠損している状態で、前腕の橈骨も低形成あるいは欠損している場合が3分の1見られます。

治療は母指の対立機能を獲得する為に手術を行いますが、母指が全くない場合は示指(人差し指)を母指化することもあります。

この病気には他の生まれつきの異常が比較的多く合併し、生まれたときにはわからなかったFanconi貧血が後で発症することもありますので、指を放置せず早めの受診をし、経過をみて行くことも大切です。

 
     
 

5、尺側列形成不全

小指側の指が低形成な状態ですが、母指の機能が悪いことがありますので、専門の医療期間で診断を受けることが大切です。合指を伴う場合は、分離手術、母指対立機能障害には再建手術を行います。橈側列形成不全と同様に腕の骨の障害が約3分の1に見られます。この場合も日常生活をおくるのに必要な手術を個別に考えて行います。

 
   
 

6.合短指症

指が短く、癒合している状態で、指の長さは様々ですが、ほとんどの場合爪はあります。治療は癒合している指は合指症と同様に分離する手術を行い、指がほとんどない場合は母指とつまめるように他の指を形成する手術を行います。短い指の側の胸に大胸筋という筋肉が欠損していることもあり、ポーランド症候群と言われています。乳腺も低形成であることが多く、女の子は思春期に乳房形成を行うことがあります。

 

 
     
 

7、裂手(足)症

手の中で中央の指がない状態で、多くの場合手の機能には問題がないのですが治療は、手が開きすぎるため中央の裂を閉鎖する手術を行います。この疾患には合指症が見られることがあり、指の骨が横になっていたり、複雑な形態を取ることがありますが持っている組織を最大限に生かし、機能と整容両面から一人一人に必要な手術を行います。足が同じように中央に裂が生じた場合を靴がはけるようにバランスのとれた歩行ができることを重視して手術を行います。

 
     
 

8、巨指(趾)症

指が他の指より太く、長くなる状態で大きくなるスピードは一人一人違いますが第2次成長期に急激に肩の方まで増大することがあります。治療は指の長さをそろえ、ボリュームを小さくする手術を行います。

 
     
 

9、第4趾短縮症

第4趾中足骨が短いために第4趾が浮いてしまう状態です。治療は手術で中足骨に骨移植してのばす方法と、創外固定器を用いて延長する方法があります。


 
 
     
 

10、斜指

最も多いのが小指の中節骨が台形になっているために曲がって見える状態です。
治療は骨移植ですが、骨端線が閉鎖した頃に行います。

 
     
 

11、爪の変形

手の人差し指の爪が小さかったり、割れていたり、なかったりする状態で、この場合その爪の下にある骨が前後に割れているためx線で確認する必要があります。

 
     
 

12、ばね指(強剛母指)

乳児の頃から母指(親指)の第一関節(→)が曲がったままの状態のことをいいます。母指の付け根にしこりを触れることがあります。のばそうとしても伸びない場合は装具をつけたり手術を行うことがあります。手術はしこりになっている腱鞘と呼ばれる部分を切除します。



 
 
Last Update 2015/4/6