ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
胎生早期(7週頃まで)に卵黄のうと中腸をつないでいる卵黄のう管(臍腸管)が消失せずに残るとメッケル憩室や臍腸瘻、臍腸管索、臍ポリープなどの原因になります。
また胎生早期に臍帯と膀胱は尿膜管でつながっています。


正常の臍(おへそ)と小腸:連絡は消失している
メッケル憩室
臍腸瘻
臍腸管索
臍ポリープ
 
メッケル憩室

卵黄のう管(臍腸管)が小腸側に残ったもので
下血腸閉塞腸重積憩室炎憩室穿孔などの原因となります。

下血はメッケル憩室内にある異所性胃粘膜から分泌された胃酸が隣接する小腸粘膜に潰瘍をつくるためです。

腸閉塞はメッケル憩室につながる索状物(血管のなごりでひも状の構造物)に腸がはまり込むことが原因です。またメッケル憩室が腸内に入り込むと腸重積の原因ともなります。
いずれも乳幼児期に発症することが多いと知られています。


腸重積の原因となったメッケル憩室

診断:異所性胃粘膜がある場合にはシンチグラムによる診断が可能です。

治療:メッケル憩室の切除が必要です。

臍腸瘻

卵黄のう管(臍腸管)が閉じずに残ったもので、臍から便が排泄されることもあります。
臍腸管策

臍から小腸までの間にひも状の構造物が残ったものです。腸管が絡むと腸閉塞の原因になります。
臍ポリープ

臍部の淡紅色の半球状のポリープで粘膜組織を有するため切除が必要です。
Last Update 2013/10/16