ホーム 
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 

「雑感:埼玉県東部地区の周産期医療の整備について」


以下は「矢追医院」のHPの掲示板に寄稿した内容を転載したものです。

 
妊娠、出産、子育ては人類が大昔から繰り返してきたごく自然な生命と生活の営みです。私たち自身も母親の胎内で命を授かって生まれ、また家族の優しい愛に包まれながら育まれてきたわけです。しかしこの自然な営みも決して安易無事なものではなく、時に母親の体力の一部や命さえも犠牲にすることがあり、また、生まれたこどももそのままでは生き得ない状態で生まれてくることがしばしばあります。わが国では戦後の様々な医療技術の導入や医療体制の整備により、母体の死亡率や新生児の死亡率は極めて低率となりました。これはすべて周産期医療の進歩の結果と言っても過言ではないでしょう。

 母体はもちろん生まれる前の胎児、さらに生まれた後の赤ちゃん(新生児)の健康を願い、その病気に対処するのが周産期の医療です。現在、わが国では出産までは産科、また産後の母体は産科で、新生児の方は小児科(新生児科)で管理をするのが一般です。しかし、周産期医療の一歩、先を行く米国では新生児科医の代わりに生まれる前の胎児期からこどもの管理をする周産期科医がいる病院もあります。これは多くの場合、胎児手術などを前提としているのですが、出生前診断が可能となった現代では周産期科医の出現はむしろ当然のことと言えるでしょう。

 現在、埼玉県には母体と胎児の集中治療室(MFICU)と新生児の集中治療室(NICU)を備え、高度な専門的医療が実施できる総合周産期母子医療センターは1カ所しかありません。年間約7万人の赤ちゃんが生まれる埼玉県では2ないし3カ所の同様な施設が必要で、特に埼玉県東部にはそのようなセンターの早期配置とこれを中心とする周産期医療ネットワークの整備が望まれます。

 時々、助産婦(師)をしていた祖母のことを思い出すことがあります。多いときには一月に50人もの赤ちゃんを取り上げていたとのことですが、昭和30年前後の話ですから陣痛が始まったと電話がかかってくれば慌てて自転車で出かけていきました。帰ってきたと思ったらお茶を一杯飲んで、また直ぐに出かけて行ったこともあります。肥えて大きな体を乗せた自転車の後姿が今でも記憶に鮮やかです。

 妊娠したと判った日から夢一杯の日々が始まります。「母子ともに健康」と願うのはご家族のみならず、私たち医療者も同じ思いなのです。


                       獨協医科大学越谷病院小児外科教授 池田 均
  
Last Update 2013/10/16