ホーム 
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
包茎は亀頭(陰茎の先端)が包皮に被われた状態で、真性包茎と仮性包茎に分類されます。

真性包茎

包皮の先が狭く、亀頭を露出できない

仮性包茎

亀頭は包皮に包まれているが、包皮をむいて亀頭を露出することができる


生まれたばかりの赤ちゃんの大部分が真性包茎ですが、3歳頃までに自然に改善し、真性包茎の割合は10人に1人程度に減少します。

一般に治療の対象となるのは真性包茎です。
包茎の手術


包茎の手術の必要性についての見解は医師や施設により若干の相違があります。

一方、包茎に対する考え方は民族や宗教を背景にして異なることも事実で、包茎に対する処置は社会や個人個人の考え方に大きく左右されています。

しかしながら、真性包茎では
亀頭包皮炎(稀には尿路感染)の原因となること、高度な真性包茎では排尿障害をおこすことなどが指摘されており、少なくともこのような場合には手術が必要と考えられます。

獨協医科大学越谷病院小児外科では以下のような場合には手術が必要と考えています。

亀頭包皮炎 陰茎の先端や包皮が赤く腫れ、下着が膿で汚れる
排尿障害 排尿時に尿が包皮の中にたまり風船のように膨らむ、または尿が細くてしずくとなって滴る
包茎の手術法

包茎の手術法には包皮口をひろげる方法(
Z形成術など)、包皮を背面で切開する方法(背面切開術)、余っている包皮を切除する方法(還状切除術)などがあります。

獨協医科大学越谷病院小児外科ではZ形成術または還状切除術を採用しています。


手術後の包皮の形は手術法により大きく異なります。あらかじめ担当医から充分に説明を受けてください。

手術前

包皮の先端が開かず、亀頭を露出することができない

Z形成術後

包皮をむき、亀頭を清潔にすることができる

包茎に関連して

包茎に関連したいくつかの注意点です。


包皮癒着 包皮と亀頭の間の癒着で、無理にはがす必要はありません
年齢とともに徐々にはがれます
恥垢 包皮と亀頭の間にたまった垢ですが、無理に取り除く必要はありません
用手的包皮拡張または剥離 包皮を無理に剥離することはこどもにとって痛みをともない、場合によっては出血、裂傷、裂傷後の瘢痕化、包皮による嵌頓(嵌頓包茎)などの危険があります
手術後などの特別の場合を除いて安易に行うべきではありません

嵌頓包茎

狭い包皮を無理にむいたままにすると陰茎の先端が締め付けられ循環障害をおこし、放置すれば陰茎が壊死する

Last Update 2013/10/16