ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
気胸は肺の外側の胸膜腔に気体が貯留した状態で、原因により特発性、続発性、外傷性、医原性の気胸などに分類されます。

呼吸障害や胸痛などの原因となり、胸のX線(レントゲン)写真で診断されます。

正常の胸部X線写真:両側の肺(青い部分)が膨らんでいる
気胸のX線写真:左の胸膜腔(グレーの部分)に空気が入り、左の肺がしぼんでいる

新生児期の気胸:空気漏出症候群

新生児では肺がかたく、肺を膨らませるのに高い圧が必要です。
約1%の頻度で自然に気胸が発生し、不穏状態、多呼吸、チアノーゼなどの症状を呈することがあります。

胎便吸引症候群、呼吸窮迫症候群、新生児一過性多呼吸などの呼吸器疾患を有する児ではより高率に気胸を合併することがあります。

人工呼吸管理や蘇生操作も気胸の原因となります。

肺胞から漏れた空気は肺実質内に貯留し間質性肺気腫の原因となり、また気胸、気縦隔、心膜気腫、皮下気腫、気腹などの原因ともなります(空気漏出症候群)。
続発性気胸

気管支喘息や肺感染症(ブドウ球菌性肺炎、肺結核、百日咳など)、気道異物などを原因とし気胸が発生することがあります。
特に、乳幼児期のブドウ球菌性肺炎は重症になりやすく、気胸や膿胸を合併しやすいことが知られています。
特発性気胸

思春期以降の長身、痩せ型の男子に多く、肺内のブラや胸膜直下のブレブの破裂が原因で自然に気胸が発生します。
突然の胸痛や咳嗽発作が症状で、程度により呼吸困難を呈することもあります。

X線写真やCTでブラやブレブの存在が診断されれば、外科的治療の対象となります。
医原性気胸

中心静脈カテーテルの挿入など医療行為にともなって発生する気胸です。人工呼吸管理中の高気道圧を原因とする気胸も医原性気胸に含まれます。
外傷性気胸

交通事故など外傷により発生する気胸です。
緊張性気胸

緊張性気胸では肺がしぼみ、縦隔が反対側へおされ、反対の正常の肺も圧迫されます。呼吸障害、循環障害によりチアノーゼ、頻脈、血圧低下などの症状を呈し、放置すれば生命の危険な状態となります。
いずれの原因の気胸も緊張性気胸へ移行する可能性があります。


緊張性気胸のX線写真:

左の胸膜腔に空気がたまり(グレーの部分)、左の肺(青い部分)は極端にしぼんでいる
縦隔と心臓は反対側へ押され、正常な肺も圧迫されている

気胸の診断

胸のX線写真により気胸の存在と程度を診断します。

軽度 肺のつぶれが軽微である
中等度 肺が2/3以下につぶれている
重度 肺が完全につぶれている、または緊張性気胸になっている

軽度 安静・酸素吸入
中等度 トロッカーカテーテルの挿入と持続吸引による胸腔ドレナージ
重度 胸腔穿刺による脱気後、持続吸引による胸腔ドレナージ
特発性気胸の外科治療

特発性気胸で再発を繰り返す場合や、検査でブラやブレブの存在が疑われる場合には外科的治療の対象となります。胸腔鏡による肺の観察を行い、ブラやブレブに対しては胸腔鏡下肺部分切除術が行なわれます。
Last Update 2013/10/16