ホーム 
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
こどもの消化管ポリープは大腸にできるものが大部分で、その半数以上が直腸やS状結腸にできます。

ポリープは下血や血便、腸重積症の原因となり、また、肛門から脱出することもあります。


ポリープからの出血
ポリープが肛門から脱出
 
大腸にできるポリープの大部分は若年性ポリープと呼ばれる良性のポリープです。通常、入学前の幼児に発生し、下血や血便、肛門からの脱出または自然脱落(ポリープがちぎれて肛門から排泄される)により発見されます。大量出血・貧血や 腸重積、腹痛の原因にもなるため 、発見されたら外科的な治療の対象となります。
治療

肛門近くのポリープは外科的に切除を行い、肛門より深いところのポリープは内視鏡的に切除を行います。
その他の消化管ポリープ


a) 若年性ポリポーシス

若年性ポリープが消化管に多発し、消化管以外の病変(精神発達遅滞、大頭症、先天性心疾患など)をともないます。ポリープは癌化することあることが知られており、ポリープ切除による症状のコントロールと、場合によっては大腸の全摘手術が行われます。原因遺伝子が10番染色体(10q23)と18番染色体(18q21.1)に同定されています。


b) ポイッツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群

消化管のポリープと口唇の色素沈着を特徴とする症候群です。ポリープは胃から直腸までの広い範囲に発生し、出血による貧血や腸重積症の原因となります。ポリープは通常、良性ですが、一部に癌化することも知られています。原因遺伝子が19番染色体(19p13.3)に同定されています。


c) 家族性腺腫性ポリポーシス

大腸全体に小さな腺腫が多発します。通常、10歳から20歳台に下痢や下血、腹痛などで発症します。腺腫は高率に癌化することが知られているので、大腸の全摘手術が行われます。原因遺伝子が5番染色体(5q21)に同定されています。
Last Update 2013/10/16