ホーム 
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
小児における膵仮性のう胞(膵仮性のう胞)は外傷後に発生することが多く、自転車のハンドルによる上腹部の強打や交通外傷などにより膵管(膵液を送る管)が断裂するなどの損傷をうけ膵液が漏れることにより形成されます。

膵仮性のう胞
胃の後にある大きな膵仮性のう胞
膵仮性のう胞(矢印)のCT像

胃内容の吸引、絶食、中心静脈栄養、抗生剤投与、タンパク分解酵素阻害剤などの内科的治療により3割から4割が治癒します。

しかし、以下のような場合には外科的治療の対象となります。


・ 症状や高アミラーゼ血症が続く
・ 6週間以上、治療を続けてものう胞が小さくならない
・ のう胞の大きさが直径5cm以上

外科的治療の方法は大きく内瘻術と外瘻術に分けられます。

内瘻術 のう胞の内容を胃や空腸に導く手術
・ のう胞胃吻合術
・ のう胞空腸吻合術
・ 内視鏡下瘻孔作成術
外瘻術 のう胞の内容を体外に導く手術
・ 経皮ドレナージ術
・ 経皮経胃ドレナージ術


長期の絶食、内科的治療と手術を必要とした膵仮性のう胞
Last Update 2013/10/16