ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜をおかし、びらん(浅い潰瘍)や潰瘍を形成するす原因不明の炎症性疾患です。


潰瘍性大腸炎の大腸内視鏡像

粘膜の潰瘍、びらん、出血を認める

 
潰瘍性大腸炎は欧米に比べると頻度が少ないものの、日本でも年々、増加傾向にあります。


潰瘍性大腸炎の有病率(患者数/人口10万)

調査年 有病率
日本 1975 2.89
1980 4.72
1985 6.31
1991       18.12


潰瘍性大腸炎の発病率(発病患者数/人口10万)

調査年 発病率
日本 1960 0.02
1975 0.42
1991 1.95
カナダ 1989-1994 14.3
ノルウェー 1990-1993 13.6
イタリア 1990-1992          9.6
イギリス 1990-1993          9.2
アメリカ 1990-1993          7.3

参考文献:
松本主之、他:潰瘍性大腸炎の疫学。日本臨床、57:2443-2448,1999.
診断

潰瘍性大腸炎の診断は下記の診断基準により行われます。

診断基準 1)持続または反復する粘血便がある
2)大腸内視鏡あるいは注腸造影検査で特徴的な所見を認める
3)生検による組織学的検査で特徴的な所見を認める
4)細菌性赤痢、アメーバ赤痢、サルモネラ腸炎、カンピロバクター
  腸炎、大腸結核、クローン病、放射線照射性大腸炎、虚血性大腸
  炎、薬剤性大腸炎、腸管ベーチェット、リンパ濾胞増殖症 が除外
  される(これらの病気でない)
分類

1)病変の拡がりによる分類

病変の拡がりにより下表のように分類します。



病変の範囲と頻度
全大腸炎型 全大腸におよぶ(30-40%)
左側大腸炎型 主に大腸の左半分(30-40%)
直腸炎型 主に直腸(20-30%)
右側あるいは区域性大腸炎


2)重症度による分類

排便の回数、血便、発熱、頻脈、貧血などの有無、赤沈により重症度を分類します。


  軽症
  中等症
  重症
  劇症


3)病期の分類

病気の状態を血便の有無と内視鏡所見により分類します。

活動期 血便があり、内視鏡により所見(血管透見像の消失、易出血性、びらん、潰瘍など)を認める
緩解期 血便が消失し、内視鏡でも所見を認めない


4)臨床経過による分類

臨床経過により下表のように分類します。

臨床経過と頻度
再燃緩解型 再燃、緩解を繰り返す(40-60%)
慢性持続型 初回発作より6カ月以上、活動期が続く(10-20%)
急性劇症型 症状が激烈で、巨大結腸症、穿孔、敗血症などの合併症をともなう(2-10%)
初回発作型 (20%)

特に慢性持続型の場合、再燃後6カ月以上活動期が続く場合、あるいは頻回に再燃を繰り返す場合を
難治性潰瘍性大腸炎といいます。
治療

厚生省特定疾患「難治性炎症性腸管障害」調査研究班の潰瘍性大腸炎治療指針改訂案(1998)に準じて治療を行うのが一般的です。

重症度にしたがい薬物療法または外科療法がおこなわれます。


1)日常生活

食事の基本 緩解期、軽症例では刺激が強く、下痢を起こしやすいものを避ければ特に制限しない
中等症、重症例では高蛋白、高カロリーの低残渣食により腸管の安静を保つ、脂肪の摂取は控える
日常生活 日常生活のストレス、非ステロイド性抗炎症剤の内服などが再燃・再発の引き金になるともいわれている
病気の理解 潰瘍性大腸炎は再燃と緩解を繰り返し慢性の経過をたどる病気であることを本人も家族も充分に理解することが重要


2)薬物療法

症状や重症度により5-ASA製剤、副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤などが用いられます。

5-ASA製剤 サラゾスルファピリジン(商品名、サラゾピリン)またはメサラジン(商品名、ペンタサ)
特にサラゾピリンには発熱、皮疹、消化器症状、血液障害、精子数の減少などの副作用がある
副腎皮質ステロイド 中等症や重症例に用いる
症状や程度により経口投与、静注、動注、パルス療法、注腸などの投与方法が行われる
免疫抑制剤 ステロイド無効例などに用いる
6-メルカプトプリン、アザチオプリン、シクロスポリンなど


3)外科療法

厚生省特定疾患「難治性炎症性腸管障害」調査研究班により潰瘍性大腸炎の手術適応が示されています。

絶対的適応とは手術による治療を第一とすべき状態で、 時に生命の危険があり、一般に手術以外の方法では治療が困難です。

相対的適応とは 内科的な治療を継続することが可能でも本人の身体的状況、社会的状況などにより手術による治療が望まれ る状態です。内科的治療、外科的治療の両者の効果、不利益を個々に検討し、治療法の選択が行われます。

絶対的適応 1)全身状態の急性増悪
2)重篤な急性合併症:大腸穿孔・急性腹膜炎、中毒性巨大結腸
  症、大量出血
3)大腸癌
相対的適応 1)難治例で入退院を繰り返しQOL(生活の質)が著しく損なわれてい
  る
2)ステロイドによる重篤な副作用のでるおそれがある
3)大腸外合併症:皮膚疾患や成長障害(小児)を合併して内科治療
  が困難
4)大腸合併症:狭窄、瘻孔、潰瘍、炎症性ポリープ、異型上皮など

潰瘍性大腸炎に対する手術は時代により変遷しましたが、現在では全大腸切除+直腸粘膜抜去+回腸のう肛門(管)吻合術が標準的な術式です。

これは病変のある大腸をすべて切除して回腸で作ったふくろを肛門または肛門管につなぐ術式です。


4)その他の治療法:白血球除去療法(LCAP)と顆粒球除去療法(GCAP)

近年、薬物でコントロールが困難な潰瘍性大腸炎に対して白血球を血中より除去する白血球除去療法(LCAP)と白血球のうち顆粒球を主に除去する顆粒球除去療法(GCAP)が成人で 行われ、その有効性を示す報告がみられます。

これは何らかの原因で活性化された白血球あるいは顆粒球が大腸粘膜に炎症をおこし潰瘍性大腸炎の原因になっているとの考えから、活性化された顆粒球あるいはリンパ球も含めた白血球を血液中から除去し症状を和らげようとする試みです。


白血球除去療法や顆粒球除去療法は小児でも潰瘍性大腸炎の有効な治療法の一つになる可能性があると期待されています。

獨協医科大学越谷病院小児外科ではステロイド抵抗性あるいはステロイド依存性の潰瘍性大腸炎に対し、白血球除去療法あるいは顆粒球除去療法を行っています。

長期予後

潰瘍性大腸炎は再燃と緩解をくりかえしても経過とともに病気の活動性や再燃率は次第に低下すると言われています。潰瘍性大腸炎で10年以上経過しても、90%以上の人が正常の社会生活を送っていると報告されており、長期的な予後は良好と考えられます。

一方、全大腸炎型で10年以上経過すると大腸癌が発生する率が高くなることも知られており、特に全大腸炎型で7年から8年以上経過したした場合には定期的な大腸内視鏡検査が必要と考えられています。

潰瘍性大腸炎は慢性的な病気であることを理解して、根気よく治療を続けることが大切です。
Last Update 2013/10/16