ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
臍ヘルニアは生後2週から1カ月ころのあかちゃんのおへその突出として診断されます。

臍ヘルニアは1歳までに9割が自然に治るので、1歳をすぎるまでは特に治療の必要がありません。また嵌頓(かんとん、脱出した腸などが戻らなくなること)は臍ヘルニアでは頻度が少ないことも治療を急がない理由の一つです。

ただし、臍部が硬くしこったり、赤く腫れたりしたら嵌頓の可能性がありますので、受診の必要があります。

綿球や絆創膏で臍部を圧迫する方法は治療効果が不明です。また、絆創膏かぶれや感染などの皮膚障害の原因にもなります。獨協医科大学越谷病院小児外科ではあまりお勧めできない方法と考えています。
手術が必要な場合は(1)1歳をすぎても自然に治らない場合、または(2)自然に治っても”でべそ”の状態が残っている場合です。
(1)に対してはヘルニアを閉じて、必要ならおへその形をよくする形成術を加えます。
また、(2)に対してはおへその形成術を行います。


獨協医科大学越谷病院小児外科では(1)、(2)ともに1歳6カ月ごろに手術を行っています。



(1)の場合:臍ヘルニア根治術+臍形成術後のおへそ(臍)
(2)臍ヘルニアの自然治癒後
(2)の形成後:おへそを全体に小さくし、くぼんだ形にした

おへその形成術は美容形成的な目的で行われますので、出来上がりのおへその形など手術前に医師と充分に話をする必要があります。
Last Update 2013/10/16