診療実績
ホーム 
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
男児の精巣は、胎児期(妊娠3カ月頃から9カ月頃まで)に腹腔から陰のうまで下降し、出生時には陰のう内に位置するようになります。

この生理的な精巣の下降が不十分で、精巣が途中で止まっている状態を停留精巣といいます。


精巣の下降ルート

陰のうからの牽引、ホルモン(内分泌)などの働きにより精巣が下降する


停留精巣の頻度は生下時3%から4%(低出生体重児では20%)ですが、生後3カ月頃までは精巣の自然下降が期待でき、1歳時には1%程度(低出生体重児では2%)となります。
診断

精巣が陰のう内に触れない場合には専門医(小児外科医または小児泌尿器科医)による診察が必要です。

触診で精巣を触知する場合には停留精巣か
移動性精巣です。
移動性精巣は緊張や刺激により精巣の位置が高くなりますが、リラックスした状態では陰のう内に位置します。移動性精巣であれば治療の必要はありません。

停留精巣の位置、大きさは超音波検査により確認できます。

停留精巣には精巣自体の発育不全をともなうことが多いため、手術前および手術中に精巣の大きさを確認することが重要です。

触診で精巣を触知しない場合には停留精巣(腹腔内精巣)または精巣無形成です。

超音波検査、腹腔鏡などにより精巣の有無の確認を行います。

治療

精巣は生後3カ月(出産予定日から3カ月)までは自然下降が期待できますが、1歳を過ぎると自然下降はほとんど期待できません。

一方、精巣は高温環境にさらされていると変化が進み、不妊の原因になると考えられています( 陰のう内は33℃、そけい管内は35℃、腹腔内は37℃といわれています)。

さらに停留精巣では悪性腫瘍(がん)ができやすい、外傷をうけやすい、精巣捻転をおこしやすいなどともいわれます。


以上の理由から、停留精巣に対しては精巣固定術が行われます。
(ただし、手術を行っても腫瘍の発生を防げるかどうかは不明です。腫瘍の早期発見には役立つ可能性があります。)

獨協医科大学越谷病院小児外科では1歳から1歳6カ月頃までに固定術を行うのが望ましいと考えています。


停留精巣の手術
血管と精管を伸ばして精巣を陰のう内に固定

診療実績

獨協医科大学越谷病院小児外科では、2000年6月から2013年12月までの13年6ヶ月間に894例の停留精巣の手術を実施いたしました。

 対象  894例、1374精巣
 年齢  4ヵ月〜12歳4ヵ月(中央値、1歳10ヵ月)
 患側  右          180例(20.1%)
 左          238例(26.6%)
 両側        476例(53.2%)
 精巣位置  鼠形管内    501精巣(36.5%)
 外鼠形輪以下 811精巣(59.0%)
 異所性        2精巣( 0.1%)
 非触知精巣  60精巣(4.4%)



1)触知精巣
838例(1314精巣)は触知精巣で(異所性2例を除く)、その特徴は以下のようでした。

 精巣の位置 鼠形管内
(n=501)
外鼠形輪以下
(n=811)
 上行性精巣 2.6% 1.5%
 鼠形ヘルニア合併 3.6% 2.2%
 精巣容量 0.2ml〜4.0ml
(中央値、0.7ml)
0.2ml〜2.2ml
(中央値、0.8ml)
 精巣低形成 21.4% 8.0%
 精巣上体付着異常 23.4% 9.6%
 再固定 0.4%      0.4%
         *鼠形管内と外鼠形輪以下の停留精巣で明らかな差を認める



2)非触知精巣
非触知精巣に対しては以下のような手順で診断・治療を行いました。
検査、手術の詳細については担当医から説明をお聞き下さい。





非触知精巣に対しては腹腔鏡検査が有用です。精巣の有無、腹腔内精巣などの診断が可能です。



非触知精巣の約60%は精巣のない状態で、胎児期に何らかの理由で精巣が消失したものと考えられました。。
精巣が腹腔内にある腹腔内精巣の頻度は非触知精巣の6.7%でした。
腹腔内精巣に対する精巣固定術(F-S手術)の結果は必ずしも良好なものではありませんでした。

参考文献

日本小児泌尿器科学会学術委員会編「停留精巣診療ガイドライン」。日本小児泌尿器科学会雑誌 14:117-152, 2005


Last Update 2015/7/6