治療研究 研究業績 業績集
獨協医科大学越谷病院小児外科では臨床研究と基礎研究を行っています。臨床研究では小児悪性腫瘍(小児がん)、胃・食道逆流現象なども大きなテーマとしており、小児悪性腫瘍の分野では多施設共同研究にも参加しています。
基礎研究では小児悪性腫瘍の発生に関する培養細胞を用いた実験などを行っております。
現在、行っている治療研究(臨床試験・臨床研究)およびその他の研究は以下のとおりです。

1. 腎芽腫における腎温存手術の実施可能性と長期的有用性に関する
第T/U相試験」 → 研究計画書抜粋(医療関係者用)
2. 「IDRF(Image Defined Risk Factors)に基づき手術時期の決定を行う神経芽腫低リスク群の観察研究」(日本神経芽腫研究グループ多施設共同研究)
3. 「IDRF(Image Defined Risk Factors)に基づく手術適応時期の決定と、段階的に強度を高める化学療法による、神経芽腫中間リスク群に対する第U相臨床試験」(日本神経芽腫研究グループ 多施設共同研究)
   
  4.  「小児固形腫瘍観察研究」(国立成育医療研究センター病理診断
     
  5.   「胆道閉鎖症の年次登録と予後追跡調査による疫学研究」(事務局、東北大学小児外科

これらの研究はすべて獨協医科大学越谷病院治験審査委員会(倫理委員会)の承認を得て実施されています。
小児がん研究グループへの参加

「小児がんの治療成績向上に貢献することを目的に日本神経芽腫研究グループ(JNBSG)、日本横紋筋肉腫研究グループ(JRSG)など多施設共同研究に参加しています。
 
業績集

 「獨協医科大学越谷病院小児外科のあゆみ」

   2015年版      2016年版
           
   2013年版    2014年版
           
2011年版 2012年版
2009年版 2010年版
2007年版 2008年版
小児外科のあゆみ2005年 2005年版 小児外科のあゆみ2006年
2006年版
小児外科のあゆみ2003年 2003年版 小児外科のあゆみ2004年 2004年版
小児外科のあゆみ2001年 2001年版 小児外科のあゆみ2002年 2002年版
ホーム
HP最新情報 
小児外科について 
医師の紹介 
診療 
診療実績 
手術の映像 
教育プログラムと活動 
研究・業績 
話題・トピックス 
プライバシーポリシー 
ご意見・ご感想をお寄せください。
ホームページ運用の参考とさせていただきます。
Last Update 2017/4/28