肺分画症

ホーム
基本情報・アクセスなど
HP最新情報
小児外科について
医師の紹介
診療
診療実績
手術の映像
教育プログラムと活動
研究・業績
話題・トピックス
リンク
プライバシーポリシー


  • 肺分画症は正常な肺組織とは分画された肺の発生異常で、肺葉内(肺内型)と肺葉外(肺外型)に分類されます。

     
    肺葉内肺分画症

    異常血管(動脈)により栄養された異常肺組織が肺内にある

       
    肺葉外肺分画症

    異常血管(動脈)により栄養された異常肺組織が肺外にある



    肺葉内肺分画症と肺葉外肺分画症の特徴:
     
      肺葉内 肺葉外
    好発部位 下葉 横隔膜の上下
    患側 左側に多い(60%-90%) 90%が左側
    異常血管    
     動脈 大動脈から 大動脈または肺動脈から
     静脈 肺静脈へ 奇静脈、半奇静脈、門脈へ
    消化管との交通 あり
    合併奇形 なし あり(横隔膜ヘルニアなど)


 

  • 胸部X線、MRI、MRI血管造影などを用いて診断します。

     
    肺葉外肺分画症のX線像
       
    MRIによる描出

    分画肺が白く(高信号)描出されている

       
    MRIによる異常血管の描出

 

  • 肺分画症が肺炎の原因となる場合などには分画肺の切除が行われます。

     
    肺葉外肺分画症

    正常肺(赤い矢印)と分画肺(黄色い矢印)

       
    胸腔鏡下分画肺切除術

    クリッピングによる異常血管の切離

       
    分画肺の顕微鏡像(病理組織)



    肺葉内肺分画症と肺葉外肺分画症の症状と治療:
     
      肺葉内 肺葉外
    症状 肺炎の反復 分画肺の圧迫による症状(肺炎、呼吸障害)
    治療 肺葉切除 分画肺切除

 


最終更新日:2004年10月29日

ページのトップへ