診療案内:男性

HOME | 診療案内:男性

当センターで行う検査と治療を紹介します。

診療時間

 
午前診療
午後診療
夕方診療

※診療時間・詳細は、リプロダクションセンター受付までお問い合わせください。

 
担当医はこちらをご覧ください

初診の流れ

予約の上、受診日時にお越しください。
初診では、問診と検査を行います。
初診の流れは、こちらをご覧ください

検査

以下のような検査を行います。

問診
問診イメージ

あらかじめ記入した問診票をもとに、体の状態などについて医師が質問します。

視診・触診

体の様子を目で見るとともに(ホルモンの影響で特徴的な様子が見られる場合があるため)、外性器の状態を触って確認します。

内分泌(ホルモン)検査

精子形成にかかわるホルモンの分泌量を血液検査で調べます。
[項目]LH、FSH、テストテストステロンなど。

超音波検査

精巣の大きさなどを調べます。腫瘍や結石、 精索静脈瘤が見つかる場合があります。

精液検査

射精した精液の量や精子の数、精子の動きや形などを調べます。
詳しくは、こちらをご覧ください
 
必要に応じて、より詳しい検査を行います。
[内容]細菌検査、染色体分析、遺伝子検査、MRI検査、高度精子機能検査など。
詳しくは、こちらをご覧ください
 

治療

検査の結果をふまえ、女性部門担当医と検討し、ご夫婦の希望をお聞きし、最善の治療をご提案します。

タイミング法

女性の排卵日を予測して、性交のタイミングを合わせる方法。

人工授精(AIH)

精子を用手的に採取して、洗浄・濃縮処理をしてから、子宮に注入する方法。

体外受精(IVF)

卵子を体外に取り出し、用手的に採取した精子と培養液中で混ぜ、受精をはかる方法。

顕微授精(ICSI)

1つの精子を卵子の中に直接注入して受精をはかる方法。
※TESEなどで凍結した精子を用いる場合はICSIになります。

ホルモン補充療法

精子をつくるために必要な下垂体ホルモンの分泌が少ない「低ゴナドトロピン性性腺機能低下症」の治療法。
治療について詳しくは、こちらをご覧ください。
 
当センターでは、以下の検査や相談も行っています。お気軽にご相談ください。
●精子力チェック 詳しくは、こちらをご覧ください
●高度精子機能検査
●ED(お子さんを望まれる場合)
●射精障害
●がん治療前の精子凍結について 詳しくは、こちらをご覧ください
 
治療について詳しくは、こちらをご覧ください

手術

精索静脈瘤手術(腹腔鏡下を含む)

手術イメージ
精索静脈瘤は、精巣静脈の血流が逆流して瘤(こぶ)のような状態になるものです。精巣静脈を結んで切断する手術で逆流を防止し、精巣の温度上昇を防ぎ、精巣・精子へのダメージを改善します。

TESE(精巣精子採取術)

閉塞性無精子症の治療法です。
精巣を切開して、そこから精巣組織ごと精子を採取する方法です。

MD-TESE(顕微鏡下精巣精子採取術)

非閉塞性無精子症の治療法です。
手術用顕微鏡を用いて精巣内にある精細管を広範囲に観察し、精巣組織ごと精子を回収する方法です。

顕微鏡下精管精管吻合(ふんごう)術

パイプカットなどで閉塞した精管を再建する、精路再建術のひとつです。
詳しくは、こちらをご覧ください

 

   
ご予約ご予約

   
費用費用



   
アクセスアクセス

   
お問い合わせお問い合わせ
 
 
がん治療後の妊娠・出産を目指してがん治療後の妊娠・出産を目指して



獨協医科大学 越谷病院獨協医科大学 越谷病院


獨協医科大学 越谷病院 泌尿器科獨協医科大学 越谷病院 泌尿器科


獨協医科大学 越谷病院 産婦人科獨協医科大学 越谷病院 産婦人科


獨協医科大学 越谷病院 遺伝カウンセリングセンター獨協医科大学 越谷病院 遺伝カウンセリングセンター


最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」


男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」


Do Repro!(男性不妊応援ブログ)Do Repro!(男性不妊応援ブログ)