手術について:男性

HOME | 診療案内:男性 | 手術について

男性の不妊治療の手術について紹介します。

精索静脈瘤の手術

手術方法イメージ
精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)は、精巣近くの静脈が逆流によってふくらんで瘤(こぶ)のような状態になる病気です。
精索静脈瘤があると精巣の温度が上昇し、造精機能が低下して、精液検査の結果(精液所見)が悪くなることがあります。
精索静脈瘤の手術には、「低位結紮(けっさつ)術」と「高位結紮術」という方法があります。いずれも精巣静脈を結んで切断することで、血液の逆流がなくなり、瘤が消失します。これにより精液所見が改善されるケースがあります。

Conventional TESE(testicular sperm extraction/精巣精子採取術

精巣から精巣組織を取り出して、その中から精子を回収する方法です。
精巣で精子がつくられている可能性が高い「閉塞性無精子症」の場合に行います。
精子がつくられているかどうかは、精巣の大きさや超音波検査、ホルモン値などから推測でき、閉塞性無精子症の多くの方から精子が見つかっています。
Conventional TESE(testicular sperm extraction/精巣精子採取術)イメージ

 
精巣白膜を5mmほど切開して精巣組織を採取し、その中にある精子を見つけます。
 
 

MD-TESE(microdissection TESE/顕微鏡下精巣精子採取術

手術用顕微鏡を使って精巣の中にある精細管を採取し、その中から精子を回収する方法です。
非閉塞性無精子症の治療法で、原因がわからない特発性造精機能障害やクラインフェルター症候群、がんの化学療法をした無精子症の人などが対象です。
Conventional TESEで「精子がない」と言われた人でも、MD-TESEで精細管を丁寧に見ると、40%以上で精子が見つかっています。
MD-TESE(microdissection TESE/顕微鏡下精巣精子採取術)イメージ

 
手術用顕微鏡を使って精巣の中にある精細管を採取し、その中にある精子を探します。

 

   
ご予約ご予約

   
費用費用



   
アクセスアクセス

   
お問い合わせお問い合わせ
 
 
がん治療後の妊娠・出産を目指してがん治療後の妊娠・出産を目指して



獨協医科大学 越谷病院獨協医科大学 越谷病院


獨協医科大学 越谷病院 泌尿器科獨協医科大学 越谷病院 泌尿器科


獨協医科大学 越谷病院 産婦人科獨協医科大学 越谷病院 産婦人科


獨協医科大学 越谷病院 遺伝カウンセリングセンター獨協医科大学 越谷病院 遺伝カウンセリングセンター


最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」


男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」


Do Repro!(男性不妊応援ブログ)Do Repro!(男性不妊応援ブログ)