すぎもと医師のよもやま話

HOME | すぎもと医師コラム

第1回 『不妊患者ケアとの出会い』

 
 私がそもそも「不妊患者ケア」というテーマに出会ったのは2004年のことでした。当時の私は産婦人科医として10年目でありました。静岡のある公立病院に出向した私に産婦人科部長が「ここを心理ケアが充実した不妊治療施設にしてほしい。」と言われたことが始まりです。私は上司に対してすぐにイエスと言ってしまうので「はい、わかりました。」と応えました。不妊患者さんが多くの悩みを抱えていることはなんとなくわかっていましたが、当時は不妊患者さんの心理に関する教科書や論文もほとんどなく、何から手をつけていいのかわからない状態でした。不妊患者さんの心理の問題を扱う学会で規模の大きいものとして日本不妊カウンセリング学会、日本生殖心理学会があげられますが、いずれも21世紀に入ってからできたものです。それから私は多くの方に出会うことになりました。辛い経験、悲しい経験もしました。不妊患者さん、臨床心理士、ピアカウンセラー等、多くの人たちから学びました。このコラムでは私が学んだこと、考えたことを紹介しながら一緒に不妊患者ケアの問題を考えたいと思います。不妊治療の当事者である方、不妊治療に従事している方のお役に立てれば幸いです。

第2回 『妊娠反応陰性の時」

 
 「不妊患者ケアをやる。」そう志して静岡の公立病院(F病院とさせてください)で診療を開始しました。とりあえず、患者さんを元気づけようと明るい雰囲気で診療しました。しかし、どうしても明るい雰囲気にはなれない時があります。体外受精を行っても妊娠反応が陰性だった時です。「残念だったけど、次頑張ろう!」そう励ましてしまいました。患者さんはもっとつらそうな顔をして椅子から立ち上がることができません。どう声をかければいいのか、そのころの私は知りませんでした。むしろ、そういう状況で患者さんを励ましてはいけない、というタブーを犯していました。診察室を出た後から泣き声が聞こえてくることもありました。私自身も治療が不成功に終わった悔しさ、患者さんに何のケアもできない辛さで頭が真っ白です。たまに妊娠反応がでれば、本当にうれしい不妊外来ですが、妊娠反応陰性が続くと、こちらの気持ちも持たなくなり、時にスタッフに八つ当たりすることもありました。目の前で苦しんでいる人を救う具体的な方法が書いてある論文などはいくら探しても見つかりません。挙句の果てには夫婦喧嘩の時に「お前なんかに、患者さんが妊娠できなくて泣いているのを見て何もできない俺の辛さなんかわからないだろ!」と言って、自分が泣き出す始末でした。患者さんが具体的にどのように苦しんでいるのか、我々はどうケアをすべきなのか、そのことを教えていただける機会が来たのはF病院に就任してから10か月ほど経った時でした。

第3回 『H先生との出会い』

 
F病院に就任して10か月ほどした時に、静岡県の不妊症勉強会がありました。2個か3個講演がありましたが、不妊患者さんの心理の問題の第一人者である臨床心理士のH先生のご講演がありました。そのご講演で私はまさに目からうろこが落ちたのです。不妊症の患者さんはすでに頑張りすぎるくらいに頑張っている。頑張ってと励まされても、これ以上何を頑張ればいいのだ、と余計に苦しくなる。努力しても何の結果も得られないという経験を我々はあまりしたことがない。結果が出ないことイコール自分は価値がないと勘違いしてしまう。これまで経験したことのないくらい、時間とお金、病院に通い続けるという努力をしたにも関わらず、自分の価値を認められなくなってしまうのだ、ということがわかりました。すごい衝撃を受けたと同時にいかに自分が間違ったケアをしていか恥ずかしく思いました。それからはむやみに励まさない、自分を価値がないとか思わないでほしい、と伝えるようになりました。しかし、それでもまだまだ不十分でした。当時はEBMという言葉が出始めたころで、とにかくいろんな文献を読んで、最も根拠のある医療をやっている、というのがある意味ファッションでもありました。今を思えば、パターナリズム(父権的)な医療をしていました。上から目線で「ああしなさい、こうしなさい。」という態度だったと思います。不妊患者さんが何に苦しんでいるのか、少しは理解できたのですが、私がどう振る舞うべきか、そこまでの知識はありませんでした。これから辛い経験をしながらさらに患者ケアを学んでいくことになるとはそのころは予想もしていませんでした。

第4回 『不妊カップルについて』

 
 ここまで私の経験ばかりだったので、今回は少し趣向を変えます。不妊症のカップルについてのお話をします。10年以上前に出た日本人の不妊カップルの心理面について研究した論文でこんな話がありました。「日本の不妊女性は夫のサポートが足りないと感じており、不安感、抑うつ感が高まっている。」なんとなくわかる気がします。確かに患者さんの中で、ご主人が協力的でない、と言われる方は結構な割合でいらっしゃいます。それでは男性は女性をサポートしないでいいと本当に考えているのでしょうか?もう10年以上前になりますが、非常に興味深い学会発表がありました。女性は不妊治療で最も高いプライオリティとして「妊娠」をあげるのに対して、男性は「女性が安全であること」とあげるというものです。どんどん不妊治療にのめりこんで行く女性に対して男性は、「そんなに無理しないでほしい。」と考える。でも、自分はあまり何も手伝えることがないので、女性から「あなた、このクリニックの先生の言うこと私に当てはまってるよね。今度はこのクリニックに行こうよ。」と言われた時に、思わず「君の好きなようにすればいいよ。僕は君のやることに何の反対もしないから。」と言ってしまう。男性は気遣って言ったつもりが女性には「この人はなんで一緒に悩んでくれないのだろう。」と感じてしまうというものです。日本人の男性にありがちなことと思いますが、不妊治療というつらい体験を夫婦のコミュニケーションを深める機会にしていただきたいです。

 

   
ご予約ご予約

   
費用費用



   
アクセスアクセス

   
お問い合わせお問い合わせ

   
中文中文
 
 
がん治療後の妊娠・出産を目指してがん治療後の妊娠・出産を目指して



獨協医科大学 埼玉医療センター獨協医科大学 埼玉医療センター


獨協医科大学 埼玉医療センター 泌尿器科獨協医科大学 埼玉医療センター 泌尿器科


獨協医科大学 埼玉医療センター 産婦人科獨協医科大学 埼玉医療センター 産婦人科


獨協医科大学 埼玉医療センター 遺伝カウンセリングセンター獨協医科大学 埼玉医療センター 遺伝カウンセリングセンター


最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」最新と最先端の情報サイト 「男性不妊バイブル」


男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」男性不妊治療の参考図書 男を維持する「精子力」


Do Repro!(男性不妊応援ブログ)Do Repro!(男性不妊応援ブログ)