獨協医科大学越谷病院 呼吸器・アレルギー内科は常に安全で最良の医療を提供いたします

獨協医科大学 越谷病院 呼吸器・アレルギー内科

  • 病診連携
  • 獨協医科大学越谷病院

医局のご紹介 教授よりご挨拶

「誠心誠意」を尽くし最良の医療を提供する 獨協大学越谷病院 呼吸器・アレルギー内科 主任教授 福島康次

皆様はじめまして、獨協医科大学越谷病院 呼吸器・アレルギー内科診療部長の福島康次(ふくしま やすつぐ)と申します。

当科は昭和59年の獨協医大越谷病院開設以来、内科系診療科の主要一科として埼玉県東部地区の呼吸器疾患の診療、研究、教育に邁進させて頂いております。獨協医大越谷病院は都内からも近く好立地条件に恵まれており、多くの患者さんから非常に頼りにされている基幹病院であります。そして私共の信念は「誠心誠意」を尽くし、病める患者さんに手を差し伸べ、常に安全で最良の医療を提供することであります。

呼吸器・アレルギー内科の診療する疾患は多岐に亘ります。

  • ① 肺癌・縦隔腫瘍
  • ② 間質性肺疾患
  • ③ 気管支喘息
  • ④ 慢性閉塞性肺疾患
  • ⑤ リウマチ・アレルギー疾患
  • ⑥ 呼吸器感染症
  • ⑦ びまん性肺疾患
  • ⑧ 睡眠時無呼吸症候群

等の呼吸器疾患全てに亘り專門的に診療しており、私共の有する最新の医療技術を駆使した、迅速かつ確実な診断と適切な治療を行なっております。

医学の進歩は目覚しいものであり、自然科学に於いてはparadigm shiftもあり、日々自己硏讃を継続し新たな知識を得る努力は欠かせません。当科は呼吸器・アレルギー内科としての専門医であると共に、優れた内科generalistの育成を目指しております。最先端医療を取り入れた「臨床」を大切にすることで良医を育成し、結果として基本領域の内科専門医、次いで呼吸器学会専門医、呼吸器内視鏡学会専門医、肺癌学会専門医、アレルギー学会専門医、リウマチ学会専門医、感染症学会專門医等の資格取得、そして医学博士号の取得にも繋がり、これまでも有能な呼吸器專門医・指導医・医学博士を世に送り出しております。

日本は超高齢化社会を迎え、(高齢者)肺炎、肺癌、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息等の呼吸器診療は今後益々重要となって参ります。私共とともに呼吸器・アレルギー内科医を志す若手の皆さんの当科への参画を大いに歓迎します。診療内容や当医局につきまして、このホームページを閲覧され、何かご質問やご相談がありましたら、気兼ねなく私や医局長にお尋ね下さい。

医療者として人間味溢れた、そしてまとまりのある素晴らしい内科教室作りを目指す所存でありますので、どうぞ宜しくご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

TOP