実施中の治験と臨床研究

科別臨床研究

2019.7末現在

呼吸器・アレルギー内科

研究番号 研究責任者 課題名 同意の
手続き
1641 舘脇 正充 林野事業従事者におけるハチ刺傷歴とアドレナリン自己注射製剤(商品名;エピペン)の処方状況とその使用における調査 該当なし
1719 福島 康次 特発性間質性肺炎に対する多施設共同前向き観察研究 個別説明
1817 平田 博国 蜂刺症に関連する職種におけるエピペンの処方状況とその使用における疫学的調査 該当なし
1853 福島 康次 RET融合遺伝子等の低頻度の遺伝子変化陽性肺癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究(LC-SCRUM-Japan)  国立がん研東病院 個別説明
1866 福島 康次 切除不能な進行・再発非小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブの多施設共同前向き観察研究 (J-TAIL) 個別説明
1878 福島 康次 Cell free DNAを用いた次世代シーケンサーによるmultiplex遺伝子解析の有効性に関する前向き観察研究 (国がん東病院) 個別説明
1917 福島 康次 実地臨床での再発非小細胞肺癌に対するドセタキセルとラムシルマブ併用療法の安全性と有効性の後方視研究:多施設共同研究   
埼玉医科大学国際医療センター
情報公開
1926 福島 康次 アジア人の非小細胞肺癌における個別化医療の確立を目指した、遺伝子スクリーニングとモニタリングのための多施設共同前向き観察研究(LC-SCRUM-Asia)国がん東 個別説明
1927 福島 康次 切除不能な進行・再発非小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブの多施設共同前向き観察研究:(J-TAIL)におけるバイオマーカー探索研究(1866付随研究) 個別説明
1945 平田 博国 屋外労働者に対するハチ刺傷時のアドレナリン自己注射製剤(商品名;エピペン®)の適正使用の調査 該当なし
1946 平田 博国 屋外労働者のアナフィラキシー発症予防に対する組織的な取組みの調査 該当なし
獨協医科大学埼玉医療センター 臨床研究支援室
TEL: 048-965-0658  FAX: 048-965-1279
copyright©Dokkyo Medical University all rights reserved.