実施中の治験と臨床研究

科別臨床研究

2018.06末現在

外科

研究番号 研究責任者 課題名 同意の
手続き
1012 鮫島 伸一 StegeⅢb大腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのUFT/Leucovorin療法とTS-1/Oxaliplatin療法のランダム化比較第Ⅲ相試験
大鵬薬品
個別説明
1129 大矢 雅敏 KRAS遺伝子野生型の進行結腸・直腸癌における治癒切除不適例に対するSOX+Cetuximab併用療法の有用性の検討 個別説明
1202 纐纈真一郎 再発危険因子を有するStageⅡ大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究
(JFMC-46)
個別説明
1224 鮫島 伸一 StageIII結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第III相比較臨床試験
JFMC-47
個別説明
1226 纐纈真一郎 StageIII 結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6 療法(L-OHP+l-LV+5-FU)/XELOX療法(L-OHP+Capecitabine)の臨床第Ⅱ相試験
FACOS試験
個別説明
1523 大矢 雅敏 直腸癌に対する術前化学放射線療法、術前化学療法の有効性に関する研究 情報公開
1534 奥山 隆 直腸癌における化学放射線療法および化学療法の感受性予測と予後に関わる因子についての研究 個別説明
1541 大矢 雅敏 直腸癌に対する腹腔鏡手術の安全性や有効性、腫瘍学的妥当性の検討 情報公開
1569 山形 幸徳 HER2陽性・測定可能病変を有する進行再発胃癌に対するTS-1+L-OHP+Trastuzumab3週間サイクル併用療法第Ⅱ相試験 個別説明
1582 大矢 雅敏 腹腔鏡下大腸切除術後の手術部位感染(SSI)の早期診断に有用な血液検査所見や血清マーカーの検討 情報公開
1612 鮫島 伸一 RAS遺伝子(KRAS/NRAS遺伝子)野生型で化学療法未治療の切除不能進行再発大腸癌患者に対するmFOLFOX6+ベバシズマブ併用療法とmFOLFOX6+パニツムマブ併用療法の有効性及び安全性を比較する第Ⅲ相無作為化比較試験
PARADIGM study
個別説明
1613 鮫島 伸一 RAS遺伝子(KRAS/NRAS遺伝子)野生型で化学療法未治療の切除不能進行再発大腸癌患者に対するmFOLFOX6+ベバシズマブ併用療法とmFOLFOX6+パニツムマブ併用療法の有効性及び安全性を比較する第Ⅲ相無作為化比較試験における治療感受性、予後予測因子の探索的研究 (付随研究) 個別説明
1615 野家 環 症例登録システムを用いた腹腔鏡下肝切除術の安全性に関する検討
―前向き多施設共同研究―
個別説明
1677 鮫島 伸一 再発切除不能大腸癌に対する capecitabine + bevacizumab(CB)療法の検討 情報公開
1678 山形 幸徳 高度進行胃癌に対する術前補助化学療法施行症例の経過に関する観察研究 情報公開
1679 山形 幸徳 食道癌に対する非開胸食道亜全摘術における周術期の経過に関する観察研究 情報公開
1728 奥山 隆 Laparoscopic surpery for removal of a migrated cage into the retroperitoneal space during posterior lumbar interbody fusion: A case report 該当なし
1731 大矢 雅敏 ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究 (JFMC50-1701-C6) 情報公開
1762 奥山 隆 「線維性癌間質」の大腸癌治療切除後の予後予測指標としての意義に関するアンケート調査 該当なし
1808 奥山 隆 Stage Ⅱ結腸癌における繊維性癌間質の予後予測指標としての検討 情報公開
1809 奥山 隆 血小板リンパ球比のStageⅡ結腸癌における術後再発予測因子としての有用性についての研究 情報公開
1810 鮫島 伸一 クローン病におけるストマ例の検討 情報公開
獨協医科大学埼玉医療センター 臨床研究支援室
TEL: 048-965-0658  FAX: 048-965-1279
copyright©Dokkyo Medical University all rights reserved.