実施中の治験と臨床研究

科別臨床研究

2018.09末現在

耳鼻咽喉科

研究番号 研究責任者 課題名 同意の
手続き
1507 田中 康広 RamseyHunt 症候群に対するファムシクロビルを用いた臨床試験 個別説明
1581 田中 康広 再発性真珠腫に対する術式選択と治療成績の検討 情報公開
1601 田中 康広 鼓室形成術における2-オクチルシアノアクリレートの有用性についての検討 情報公開
1606 田中 康広 慢性穿孔性中耳炎に対するover-under法の有用性に関する検討 情報公開
1610 田中 康広 新規発症の良性発作性頭位めまい症における持続性知覚性姿勢ふらつき発症予測因子の解明:前向きコホート研究 個別説明
1656 田中 康広 中耳疾患における術前CTの耳小骨所見と術後成績の検討 個別説明
1715 田中 康広 末梢性めまいに対する診療科、施設間での治療の差異についての検討 個別説明
1736 大村 和弘 鼻内手術における病変へのアプローチ方法および、粘膜フラップの有用性の検討 情報公開
1756 大村 和弘 内視鏡下副鼻腔手術における出血量減少を目的とした術前麻酔の工夫 Supra bulla Recessへの局所麻酔ガーゼ挿入による術中出血量の差の検討 個別説明
1773 田中 康広 嚥下障害を来たした筋萎縮性側索硬化症患者に対する喉頭全摘術の有用性の検討 個別説明
1774 田中 康広 顔面神経減荷術におけるサーモグラフィーを利用した「適正な神経減荷範囲」および「温度変化と予後の相関」に関する検討 個別説明
1775 大村 和弘 次世代シーケンサーを用いた鼻副鼻腔炎症疾患における常在細菌叢の遺伝子解析 (福井大・筑波大) 個別説明
1785 田中 康広 中耳真珠腫進展度分類2015案による中耳真珠腫全国登録研究 個別説明
1801 田中 康広 『中耳・内耳疾患診断・治療の新規技術開発』並びに『外リンパ瘻におけるCochlin-tomoprotein (CTP)測定の臨床的有用性の検討』(埼玉医大) 個別説明
1804 田中 康広 好酸球性副鼻腔炎に対する手術治療および保存的治療の予後調査
福井大学
個別説明
1805 田中 康広 Lemierre症候群で抗凝固療法4を行うべき症例の検討 個別説明
1806 田中 康広 副鼻腔原発悪性リンパ腫における診断予測因子の検討 個別説明
1807 田中 康広 めまいを主訴に救急外来を受診した中枢性めまいの臨床的検討 情報公開
1812 田中 康広 ヒト中耳真珠腫に関する新規研究方法の探求及び新規治療法の開発 個別説明
1840 田中 康広 内視鏡下副鼻腔手術教育 鼻科手術医育成と安全な手術技術習得への試み 個別説明
獨協医科大学埼玉医療センター 臨床研究支援室
TEL: 048-965-0658  FAX: 048-965-1279
copyright©Dokkyo Medical University all rights reserved.